iPhone6s iphone6splus NEWS

一部のiPhone6s/6sPlusが腐食・酸化

iPhone6ではこれまでのiPhone以上に薄くすることに成功しました。

しかしその代償として、バックパネルが湾曲しやすい点が問題として上がりました。

それを改善すべく、iPhone6s/6sPlusでは強度の強い7000番台のアルミ合金を採用し、強度の問題を解決しました。

 

ですが、今回新たな問題が発見されました。

中国のiPhone6s/6sPlusユーザーから、バックパネルが腐食・酸化していると報告が上がっています。

 

iPhone6s/6sPlusが腐食する件

husyoku01 husyoku02

この件に対しユーザーはAppleに確認を取るも、Appleは「このような品質の問題を解決することは出来ない」と非対応の意思を示したそうです。

 

iPhone6s/6sPlusに採用されているアルミ合金は亜鉛を多く含む為、これが原因ではないかと考えられています。

同じ素材を採用しているApple Watch Sportsでも同様の症状が報告されています。

 

husyoku03 husyoku09 husyoku08 husyoku07 husyoku06 husyoku05 husyoku04

今回の件は中国以外の他の国や日本でも確認される為、使い方次第ではこうなる可能性があるため、注意が必要です。

 

直接関係あるかは分かりませんが、ケースを着けたiPhoneは汚れがたまりやすく、iPhoneからの熱もたまりやすい為、このような症状が起こる可能性もあります。

ケースを着けている人は、たまに外して汚れなどを拭き取る事をお勧めします。

 

情報元:MyDrivers.com

<文:研究員H>

-iPhone6s, iphone6splus, NEWS

関連記事