iOS

iOS10、濡れたLightningケーブルに対して警告

0722_ios10_00

次期iPhoneに搭載予定のiOS10。

ベータ版も既に3となっていますが、このiOS10 beta3では水没故障対策として、濡れたLightningコネクタを挿すと警告文が出るようになりました。

 

iPhone7防水化の布石?

 

0722_ios10_01

対応機種はiPhone6s/6sPlus/SEの3機種。

 

0722_ios10_02

こちらに濡れたLightningケーブルを挿すと「コネクタに液体が検出されました。抜いて乾かしてください」と警告文が表示されます。

Lightningケーブルを抜くまで、この表示のままで、

 

0722_ios10_03

抜けば元の画面に戻ります。

 

中に水分を感知するセンサー的なものがあるのか、流れる電力が正常じゃない場合に表示されるのか、仕組みについては不明です。

しかし対応機種がiPhone6s/6sPlus/SEの最新機種であるところを見ると、当初からこの機能を検討していたことがうかがえます。

この3機種は水没故障しにくいように内部に加工が施されています。

 

ユーザーにも水没異常が分かりやすい!

iPhoneを水没させた場合、電源が入るか・充電できるかは確認してしまうと思いますが、乾いてない状態でこれをやるとかなり危険です。

これを知らない人は多いので、iPhone本体が水を感知して、ユーザーに伝えてくれるのは非常に便利な機能だと思います。

 

情報元:EverythingApplePro

<文:研究員H>

-iOS

関連記事