NEWS

Apple、デジタルクラウンをiPhoneに搭載する特許を取得

0730_01

実践するかは別として、様々な技術と特許を申請しては取得するApple。

今回はApple Watchに搭載されているデジタルクラウンをiPhoneやiPadにも搭載できる技術特許を取得しました。

 

タッチ操作以外でiPhoneを操作できる技術

0730_07

小さいApple Watchはこのデジタルクラウンを押したり回したりする事で、メニューを表示させたり画面をスクロールしたりと、操作の肝となっています。

 

0730_05 0730_06

今回の特許ではデジタルクラウンを押すことで「画面のロック/ロック解除」「カメラのシャッター」、デジタルクラウンを回すことで「音量調整」「文字サイズ変更」といった使い方を想定しているそうです。

 

0730_03

こちらは9to5Macが作成したイメージ画像です。

デジタルクラウンでロック解除が出来るなら、従来のスリープボタンは入らない気がするのですが。

あとこのデザイン、なんというか…

 

0730_02

Xperiaに似てません?

イメージ画像はでかすぎ・出っ張りすぎなので、通常時はXperiaぐらいスッキリしてて、押すと飛び出てグリグリ動かせると誤動作も避けれそうで良いですね。

 

グリグリする操作はiPodユーザーにも好まれてますし、これが搭載できれば電源/スリープボタンとボリュームボタンをひとまとめに出来るので、外観をスッキリさせると共に浸水箇所を減らせて水没故障も減らせそうですし、ちょっと面白そうですね。

 

情報元:Patently Apple9to5Mac

<文:研究員H>

-NEWS

関連記事