iPhone6s iphone6splus iphone7 NEWS

【i研予報】iPhone7 日本での販売価格について

iphone_7_release_date_rumours_wraparound_display_800

iPhone7の液晶修理価格は先日予想したとおり(【iPhone研究所】iPhone7の修理価格をフライング予測!)なのですが、ではその前の段階。新品の販売価格はいくらになるのかというのを今回は予想していきたいと思います。

 

まず、2015年11月13日現在のiPhone6Sの販売価格を見てみましょう。

Appleのサイトによれば86,800円(税抜)。ということは93,744円(税込)です。

これは当然ながら16GBの価格となっています。あらためて見ると非常に高価な端末だという印象を受けますね。

 

さておき、以前の記事(iPhone7、2016年発売予定か。フロントフル液晶?こんにゃくのように曲がる?大胆予想)で書きましたが曲面ディスプレイだったり柔軟なディスプレイだったりとiPhone7はiPhone6Sに比べて液晶にさらに特徴が付与されるというのが世間の噂の大まかな方向性です。

スマートフォンの原価のうち、液晶の割合が占める部分というのは非常に大きなものです。

なので、今後も液晶に何らかの仕掛けが付くとすればその端末の値段は大きく跳ね上がるに違いありません。

 

そこで、iPhone 研究所はiPhone7 販売価格予測をこのように設定します。

 

iPhone7 / iPhone7Plus 販売価格

iPhone7 16GB→112,800円

iPhone7 64GB→124,800円

iPhone7 128GB→136,800円

 

iPhone7Plus 16GB→124,800円

iPhone7Plus 64GB→136,800円

iPhone7Plus 128GB→148,800円

 

そういえば…

iPhone6Sの発売時に割賦契約が結べない方が続出して問題になったことがありました。

割賦契約も言わば借金ですので、クレジットカードと同様に個人信用情報機関の情報を基にした審査があります。

そして、割賦販売法は10万円を超える商品の割賦購入に対しては審査基準が急に厳しくなります。

つまりこの問題についてはそれまでのiPhoneが10万円を超えるモデルが少なかったのに対してiPhone6Sからは最低スペックで10万円を越えることになってしまったから発生したわけです。

Appleは常に革新を追い求める企業ですから、値上がりこそあれど新品価格が下がることはあまり考えづらく、一般消費者にはその価格がネックでiPhoneが購入できないという方が増えてくる可能性も今後大いにありえるのではないかと予測します。

-iPhone6s, iphone6splus, iphone7, NEWS

関連記事