オーディオ 豆知識

「耳掃除をしてはいけない」を耳鼻科で検証してきた。

2015/11/20

耳掃除をしてはいけない!難聴や鼓膜破損、

炎症、かえって耳垢がたまる恐れ

 

という記事をネット上でよく見かけるようになりました。

オーディオ好きが多い弊社スタッフの中にも掲示板サイトで

「機材にお金をかける前に耳鼻科で耳掃除してもらうべき」と

なっていたそうで信憑性もあるのかなーと思っておりました。

 

という事で風呂上りに毎日めんぼうで耳掃除をしてしまっている

私、所長が実際に耳鼻科に行って耳掃除をしてきてもらいました。

今回お邪魔させて頂いたのはコチラ

 

rogo

 

とりあえず耳掃除希望と記入しまして・・・

 

2015-11-17 16.27.05

 

 

記入が終わりじっとしてますと早速自分の番に。

とても綺麗な方に担当して頂きました。

 

「耳の中でカサカサ言いますか?」

『いいえ』

「見てみましょう!」

「・・・何もないですね。」

 

!?

 

「とりあえず折角来たので細かいのだけでも掃除しておきますね」

両耳合わせても2分ほどで完了。

 

事情を説明して詳細をお伺いしてきました。

 

耳垢にはドライ型とウェット型、大きく分けて2タイプあって日本人にはドライ型が

多い。

 

ドライ型の人は基本的にカサカサしているので耳掃除をしても問題なし

それで奥に行って取れなくなるなんてこともなく、奥に行ったら行ったで

結局カサカサしているので外に出てくるとの事

 

ウェット型の人は取り方に気をつければ問題はない。

耳かきなどで優しく掻き出すのは良いが、最初からめんぼうを使うとウェット型の

人は耳の内側にこすり付けて固めてしまうので、繰り返して耳栓のような塊に

なってしまう事がある。

 

という事でした。

なんでもやりすぎは悪化の可能性があると思われますので注意する事に

越した事はありませんが、「耳掃除ダメ、ゼッタイ!」というわけでは

ないようですね。

 

 

-オーディオ, 豆知識

関連記事