おすすめアプリ

iPhone7Plusなんて不要!?画像加工アプリ「ぼかし++」

iOS10.1で実装されると思われる、カメラアプリの新機能「ポートレートモード」では背景をぼかした写真を撮る事が可能です。

ただし対応しているのはデュアルレンズを装備したiPhone7Plusのみとなります。

 

1002_01

これはiPhone7Plusで普通に撮影されたもの。

次は背景をぼかしたものですが…

 

1002_02 1002_03

どちらがiPhone7Plusでぼかしたのかわかりますか?

片方は最初の写真を画像加工アプリ「ぼかし++」を使ってぼかしたものなんです。

 

画像加工アプリ「ぼかし++」

1002_10

まず普通にカメラアプリで写真を撮ります。

 

1002_04

「ぼかし++」で写真を開きます。

この状態で写真を指でなぞると、なぞった場所がぼかされます。

背景をなぞってもいいんですが、今回はぼかしたくない場所をなぞります。

 

1002_05

対象物と、その水平位置から下までをぼかしました。

なぞったら、この丸いアイコンを選択。

 

1002_06

そして反転を選べば背景がぼけます。

最初から背景をぼかす場合、対象物を避けながらなぞらなくてはならず、これが結構手間に感じました。

なので先にぼかしたくない箇所をなぞって反転させるやり方が個人的には凄くやりやすかったです。

 

1002_07

なぞるのが苦手・面倒という人は楕円や円形などを使えば円で囲った外側のみぼけます。

 

1002_08

ぼかし以外にも複数の加工パターンがあります。

 

1002_09

ぼかしとヴィネットを組み合わせてトイカメラ風に。

 

デュアルカメラとて万能ではない!

手軽さで言えばiPhone7Plusでポートレートモードを使用した方が圧倒的に楽なんですが、結局あれもアプリの力を使ってそれっぽく見せてるだけなんですよね。

なので一眼レフカメラのように遠近の境界線をクッキリさせるのは苦手なようです。

もちろんiPhone7Plusはトップレベルなスマートフォンですが、カメラを購入理由に考えているのなら、その前に色んな方法を試してみては如何でしょうか?

 

bokasi ぼかし++

<文:研究員H>

-おすすめアプリ

関連記事