iOS iPhone7Plus

iOS10.1のベータ版が公開。一眼モードこと「ポートレートモード」の実力は?

「ポートレートモード」のベータ版が利用可能

cnetによると現在、iOS 10.1のベータ版の配信が開始されており、この中にiPhone7Plusの目玉ともいえる「一眼レフモード」ことポートレートモードのベータ版が搭載されているようです。

このためだけにiPhone7ではなくPlusにしたという方もいるのではないでしょうか。注目の新機能の実力やいかに。

img_04672

カメラアプリからモードを切り替えると、ベータ版である旨の記述が。

 

実はポートレートモードで撮影するにはいくつかの条件があります。

1つはピントを合わせたい被写体との距離を50cm以上240cm以内の位置に置くこと。もうひとつは充分な明るさを確保することです。

img_0497

無条件でさっと撮影できない不便さはありますが最短焦点距離と明るさというのは本来の一眼レフでも気にしなければならない部分。仕方ないといえば仕方ないですね。

img_06862

撮影条件に合致すると、「被写界深度エフェクト」という文字が黄色く縁取られます。後はシャッターを切ればOK。

実際の画像比較

ここで、通常撮影の写真とポートレートモードでの写真を比較して見てみましょう。

img_06262

こちらが通常撮影。おいしそうなラムチョップですね。

例えばHPなどで料理の紹介をしたい場合。これでも充分に素敵に見えますが…

 

img_06272

こちらがポートレートモードの写真。奥行きがボケることで料理により注目させることができますね。

通常撮影に使うよりは被写体をより目立たせたい場面などに使うモードという感じでしょうか。

 

ですがやはり全てが上手く写るというわけでもないようです。

img_0500

こちらの木の写真。これをポートレートモードで撮影すると…

img_0501

こうなります。

一見問題ないように見えますが、良く見ると被写体である木の一部がボケてしまっているのが分かると思います。

 

どの程度一眼レフに近づけるか

ポートレートモードは手軽である反面、前述のような誤ったボケが発生する点やズームができず2×固定でしか撮影できないなど一眼レフに及ばない部分が当然ながらあります。

現状はまだベータ版ということでまだまだ改善の余地はありますが、今後のアップデートでどの程度一眼レフに近づけるのか。Appleの手腕の見せ所です。

<文:研究員A>

-iOS, iPhone7Plus

関連記事