*

 iPhone   豆知識 

【豆知識】オークション等で詐欺にあわないために…!

公開日: : iPhone6s, iphone6splus, NEWS, 豆知識

63bbcb77-s

 

買取にご来店されるお客様の中で、たまにいらっしゃるのが

「オークションで中古を買ったらアクティベーションロックがかかってて…」

というもの。心中お察しします…。

 

オークションやフリーマーケットサイトによって手軽に個人間で売買ができるようになった反面、

意図的にアクティベーションロックがかかっていることを黙って出品する等の詐欺行為が結構あるそうで。

なんともいたたまれない話です。

 

IMEIさえわかれば詐欺にはかからない!

そこで、1つ豆知識として覚えておいていただきたいポイントがあります!

中古のiPhoneを購入しようかなーと思ったとき、

まず出品者から「IMEI」を聞いてみてください。

そして、↓のサイトでそのIMEIを確認してみましょう。

アクティベーションロックステータスの確認

このサイトはApple社が公式に公開しているもので、

IMEIさえわかれば端末の状態が確認できるというもの。

これさえあればアクティベーションロック詐欺には引っかからずに済みますね^^

 

もうひとつの罠…

さて、アクトロックがかかっていなければその端末は安心か、というとそうでもありません。

「ネットワーク利用制限」というのがあります。

これは何かと申しますと、例えば割賦で端末を購入している場合に

その支払いをバックレたりといった時に、その端末が通信できないように

キャリア側で制限をかけるといったものです。

これがかかってしまっている端末は当然、SIMを挿しても通信できません。

携帯電話機をしては使えない状態というわけですね。

こんな端末も中古として平気で売られていたりします。

 

でもIMEIがあれば大丈夫!

しかしIMEIさえわかればこの制限の有無も判別できるんです!

各キャリアがHP上で確認できるようにしています。

Softbank ネットワーク制限確認ページ

au ネットワーク制限確認ページ

docomo ネットワーク制限確認ページ

一部の場合を除き、このサイトで利用状態を確認して、

「○」か「△」なら通信できる状態ということになります。

ただし△は支払い中の状態のため、出品者がそれをバックレてしまえば

×になるという危険性がありますので充分ご注意を。

 

中古でiPhoneを購入するならば「○」判定かつ

アクトロックがかかっていないものがベストというわけです。

中古とはいえせっかく新しい端末を購入するわけですから

下調べはしっかりと行って、詐欺にはひっかからないよう注意しましょう!

関連記事

滋賀県、盗撮対策で条例改正案――あれ、スマホ詰んだ?

滋賀県で制定されている「滋賀県暴力的不良行為等防止条例」ですが、現在の条例では規制できない盗

記事を読む

「おいおいピンクだって?あれはローズゴールドだよ」

iPhone5seの色は「iPhone6sと同じ」との事 昨日、iPhone5seはスペースグ

記事を読む

「問題は認識している」iOS9.3のリンクフリーズ問題についてAppleが言及

Appleが不具合を認める声明を発表 AppleInsiderによると、先日お伝えした「iOS

記事を読む

小さな傷なら自己再生!自己修復コーティング搭載ケース

擦り傷なんてなんのその。自己修復で傷を消してくれるiPhoneケース FOCAL POINTから自

記事を読む

オーディオ用高精度クロックの販売を試験的に開始しました。

以前の記事でなどで作って組み込んでいるオーディオ用のクロックですが、「販売しないのですか?」とのご意

記事を読む

レクタングル

iphone6s iphone6splus iphone7

 

iPhone研究所 六本木本店 iPhone修理研究所 iPhone買取研究所

 

手帳型ケースの落とし穴!持ち歩くカードに注意が必要

クレジットカード、キャッシュカードに注意 衝撃吸収に加えてフ

iPhoneを修理に出す⇒逮捕

思わぬところから告発 この度、Nicholas Akindu

Appleは毎日2リットルの汗をかく

研究者は汗をかきながら汗を作る AppleWatchやAir

【一気読み!】iPhone2017年モデル(iPhone7s/iPhone8)価格・スペック・発売日等 情報まとめPart2

1 2 メニュー 78.iPhone7

充電はできるけど…Mfi認証を取っていない充電機には思わぬ弊害が

充電できても油断は禁物 Mfi(Made for iPhon

Appleが2019年のiPhoneに向けて独自に電力管理チップを開発か

2019年発売のiPhoneに向けて Bloombergによると、B

Apple、iOS10.2.1、iOS10.3の署名を終了。iOS10.3.1以外は適用不可に

iOS10.3.1未満へのダウングレード不可に Appleが

要確認!iOS11からは32bitアプリは完全サポート対象外に

64bit化は最終段階に 9to5Macによると、秋頃に発表されると

iPhoneにも搭載されているWi-fiチップに遠隔ハッキングが可能な脆弱性が発覚

Broadcom製Wi-Fiチップに重大な脆弱性が発覚 Google

iOS10.3のバグが発覚!アプデしてしまったユーザーは要確認!

データが勝手にiCloudにアップロードされてしまうかも M

→もっと見る

PAGE TOP ↑