iPhone6s iphone6splus NEWS 豆知識

【豆知識】オークション等で詐欺にあわないために…!

63bbcb77-s

 

買取にご来店されるお客様の中で、たまにいらっしゃるのが

「オークションで中古を買ったらアクティベーションロックがかかってて…」

というもの。心中お察しします…。

 

オークションやフリーマーケットサイトによって手軽に個人間で売買ができるようになった反面、

意図的にアクティベーションロックがかかっていることを黙って出品する等の詐欺行為が結構あるそうで。

なんともいたたまれない話です。

 

IMEIさえわかれば詐欺にはかからない!

そこで、1つ豆知識として覚えておいていただきたいポイントがあります!

中古のiPhoneを購入しようかなーと思ったとき、

まず出品者から「IMEI」を聞いてみてください。

そして、↓のサイトでそのIMEIを確認してみましょう。

アクティベーションロックステータスの確認

このサイトはApple社が公式に公開しているもので、

IMEIさえわかれば端末の状態が確認できるというもの。

これさえあればアクティベーションロック詐欺には引っかからずに済みますね^^

 

もうひとつの罠…

さて、アクトロックがかかっていなければその端末は安心か、というとそうでもありません。

「ネットワーク利用制限」というのがあります。

これは何かと申しますと、例えば割賦で端末を購入している場合に

その支払いをバックレたりといった時に、その端末が通信できないように

キャリア側で制限をかけるといったものです。

これがかかってしまっている端末は当然、SIMを挿しても通信できません。

携帯電話機をしては使えない状態というわけですね。

こんな端末も中古として平気で売られていたりします。

 

でもIMEIがあれば大丈夫!

しかしIMEIさえわかればこの制限の有無も判別できるんです!

各キャリアがHP上で確認できるようにしています。

Softbank ネットワーク制限確認ページ

au ネットワーク制限確認ページ

docomo ネットワーク制限確認ページ

一部の場合を除き、このサイトで利用状態を確認して、

「○」か「△」なら通信できる状態ということになります。

ただし△は支払い中の状態のため、出品者がそれをバックレてしまえば

×になるという危険性がありますので充分ご注意を。

 

中古でiPhoneを購入するならば「○」判定かつ

アクトロックがかかっていないものがベストというわけです。

中古とはいえせっかく新しい端末を購入するわけですから

下調べはしっかりと行って、詐欺にはひっかからないよう注意しましょう!

-iPhone6s, iphone6splus, NEWS, 豆知識

関連記事