豆知識

iPhone版モバイルSuica、クレカが無い場合・バッテリーが切れたら、他

1025_applepay_suica

満を持して登場したiPhone版モバイルSuica。

初日はモバイルSuicaのサーバーにアクセスが集中し、Suicaの登録も出来ない状況になるほど。

 

さて、登録方法などはAppleモバイルSuicaのサイトを参照してもらうとして、当サイトでは公式が紹介してない/見落としがちな使用法を紹介したいと思います。

いざという時にタメになる! むしろ知らないと恥をかく?

 

Apple Payで支払う時に「Apple Payで」とは言わない

言ってる人、多いのではないでしょうか。

しかしApple Payは複数のカードを管理する総称です。

ドヤ顔で言おうものなら店員に「プッ、情弱が…」と鼻で笑われてしまうかもしれません。

なのでApple Payに登録したどのカードを使うかを伝えましょう。

 

クレジットカードが無くてもコンビニでチャージ可能

以前にお伝えしましたが、iOS版モバイルSuicaはキャリア決済によるチャージが出来ません。

AppleもJR東日本もクレジットカードを使ったチャージ方法しか紹介していません。

もしかしてクレジットカードを持てない・持たない人は使用出来ない!?

そんな事は無く、カードやAndroid版と同様にコンビニでチャージが出来ます。

レジで「Suicaのチャージをお願いします」と頼みましょう。

 

バッテリー切れでもSuicaは使える

もしも電車の中でバッテリーが切れた場合、脱出不可能なのでしょうか?

大丈夫、通行可能です。

iPhoneに表示されるバッテリー残量はiPhoneを操作する為のバッテリー残量であって、真の0%ではありません。

そのわずかに残ったバッテリー残量でSuicaは動作するということです。

しかし発売したばかりのiPhone7でそうそう無いでしょうが、バッテリー切れのままにしておくと完全放電され、真の0%になる可能性があります。

 

<文:研究員H>

-豆知識

関連記事