iOS NEWS

JPG画像やPDFファイルを介してiPhoneのハッキングが可能

1026_iphone_hack

広告・仕事のファイルかな?と思いきや…

「怪しいファイルは開かない」「詳細不明なアドレスはクリックしない」

ウィルス対策の基本ですよね。

ですがJPG画像やPDFファイルといった、一見怪しくないファイルからiPhoneやiPad等のiOS端末のハッキングが可能と報じられました。

「CVE-2016-4673」という脆弱性を突いたもので、細工されたJPG画像やPDFファイルをウェブやメールで開いてしまうと、そのiOS端末は遠隔操作が出来てしまうそうです。

 

最新アップデートで対策済み

Appleはすでにこの脆弱性を認識していて、先日公開されたiOS10.1にアップデートすることで改善されます。

今回の脆弱性が見られるのはiPhone5以降、iPod touch 6世代、iPad4世代以降との事なので、該当する端末のユーザーは早めにアップデートしておいた方が良さそうです。

というかAppleは改善出来るまで公表しないので、旧端末は大丈夫なのか分かりませんが…

その他、Mac・Apple Wacth・Apple TVも同様の危険性があるそうですが、こちらも最新のソフトウェアにアップデートすることで改善されるそうです。

 

情報元:The Hacker NewsApple

<文:研究員H>

-iOS, NEWS

関連記事