NEWS

1年越しの再会!帰ってきたiPhone4

AppleInsiderによると、昨年3月に誤って紛失したiPhone4が1年の期間を経て戻ってきたそうです。

湖の底からiPhone4が帰ってきた

アメリカのペンシルバニア州に住むMichael Guntrumさんは昨年2015年の3月、カイル湖にて釣りをしていた際に氷に開いた穴へiPhone4を落下させてしまったそう。

そのまま時は流れ今年の9月。このカイル湖につながるダムが構造上の問題がある可能性が発覚したとして排水されたのですが、そこから更に1ヵ月後の10月にとある男性が排水後のダムにて自身の金属探知機にてなんとMichaelさんが紛失させたiPhone4を発見。その男性はこの水没した端末を2日間米の中で脱湿。その後電源を上げてみると…

19125-19080-nonsensestory2-l

これが起動したというのだから驚きです。

このiPhone4は男性の好意でその後きちんとMichaelさんへ返却の段取りが取られたということですが、とはいえこれはたまたま頑丈なケースを用いており、偶然に偶然が重なった稀有な例です。

くれぐれも日々の取り扱いには注意しましょうね。

<文:研究員A>

-NEWS

関連記事