iPhone6s NEWS

iPhone6s以外の端末でもバッテリーに不具合か

2017/02/26

iPhone6sだけじゃない!? 最新iPhone7も?

1128_iphone5_7

突然バッテリーがゼロになる問題で、AppleはiPhone6sを無償交換プログラムの対象としました。

しかし、どうやらこの問題は古いiPhone5から最新のiPhone7でも発生している事がわかりました。

原因はiOS10.1以降のソフトウェアか?

問題は、バッテリー残量が30%程あるのに急にシャットダウンするというもの。

当初はiOS10.1のソフトウェアアップグレードが原因かと思われていましたが、他にも最新のiOS10.1.1でも同様の症状が発生しているとの事。

とあるiPhone5ユーザーは、iOS10.1にアップデートした後に発生したんだそう。

やはりバッテリー残量が30%を切ると急に電源が落ち、その後Lightningケーブルを繋いで見るとバッテリー残量は30%のままだったという。

また、同様の症状かはわかりませんが、バッテリー残量80%で就寝し、朝起きたら残量がゼロだった方もいるようです。

iOS10.1.1にしたユーザーからも同様の意見が複数寄せられるも、特に対策はなく、無償交換プログラムもいまだiPhone6sのみだそうです。

 

不具合が出るようになったらバックアップを!

急に落ちるだけで、まだ使えるうちはいいですが、そのうち完全に壊れてiPhoneが使えなくなるかもしれません。

iPhoneに異変を感じたらこまめにバックアップを取る癖を心がけましょう。

 

情報元:MailOnline

<文:研究員H>

-iPhone6s, NEWS

関連記事