iOS iPhone6s

iPhone6sのシャットダウン問題、無償対象か確認方法

iPhone6sが突然シャットダウンする問題に対するプログラム

1203_iphone6s_01

一部のiPhone6sでバッテリー残量が残ってる状態で急にシャットダウンしてしまう問題に対し、Appleは無償交換プログラムを実施

現在その影響か、Apple Storeが混んでいる状態のようですが、ひとまず自分のiPhone6sがプログラムの対象になっているかどうか確認できるウェブサイトが公開されました。

iPhoneのシリアル番号を入力する事で、自身が対象かわかるようになっています。

 

1203_iphone6s_02

iPhoneの「設定」>「一般」>「情報」でシリアル番号を確認でき、番号を長押しするとコピーできます。

 

ただし注意点として、Appleは対象のiPhoneのバッテリー交換を行う前に初期化するよう促しています。

バッテリー交換ならばデータそのままで交換は出来るはずなのですが、もし初期化せずに持って行ったらどうなるのでしょうか?

 

原因はiOSのソフトウェアではない?

Appleは中国サイトにて、原因を「製造中に長時間空気に触れていた為」と公表しました。

長時間空気に触れる事で劣化が早まるんだそうです。

それが2015年8~9月に生産されたものが該当するようですが、そうなると他のiPhoneで起きてる同様の症状は何なのでしょうか?

たまたま類似した症状が発生してしまったのかわかりませんが、今回ハッキリ「iPhone6s」と言われてしまった以上、他の機種は今後のアップデートに期待するしかありません。

 

情報元:Apple

<文:研究員H>

-iOS, iPhone6s