iphone7 iPhone7Plus カスタム

実はiPhone7のサイドボタンは今までと大きく違うんです。というお話

見た目は同じ…でも全然違うんです。

今日はiPhoneを仕事や趣味で修理する人に有用かもしれない情報です。

iPhoneのスリープボタンはiPhone5sまで、筐体の上部に配置されているのが当たり前でした。

ところがiPhone6以降スリープボタンとボリュームボタンは同じようなデザインとなり、同時にスリープボタンはサイドに配置されるようになりました。

ご存知の通りiPhone7でもそのスタイルは継承されていて、今ではスリープとボリュームの3つのボタンはサイドに配置されているのが当然になっています。

1108_iphone7_01

なにせ見た目が同じような感じなので実際のところiPhone6、6s、7は中身も大差ないのだろうと思いがちなのですが…実は全然違います。

確かに6と6sは兄弟のような関係なだけあって一致する箇所は多いです。しかしiPhone7には「防水」という大きな仕様の違いがありますね。

見た目を維持しつつもその構造は徹底して水を浸入させないように変化しているのです。

 

iPhone6/6sのボタンは

img_1136 img_1135

このような形になっており、

img_1137

このアルミ筐体の穴に内側から外側へ向けてはめ込むように設置されています。

 

一方iPhone7。

img_1122

この見た目ではよくわかりませんが、ボタン単体で見てみると…

img_1132

2本の足があることがわかります。そして足にはゴム製のパッキンが。

img_1133

そして筐体の穴はこうなっています。外側から2本の足を差し込む造りになっているんですね。

img_1131

そしてパッキンを巻くことで穴と足の隙間を埋めて、内部への水の浸入を阻止しているのです。

 

iPhone7 スリープボタン/ボリュームボタン 分解備忘録

さて、ここまで造りが変わってしまいますと分解の方法も当然ガラッと変わってしまいます。

そしてその分解の方法を理解するまでがまた大変なのです…。私が始めてiPhone7および7Plusを分解した時にはこのボタンの分解方法がネットで検索しても出てこず非常に苦労しました。

そこで需要があるかはわかりませんが、分解方法を情報として残しておこうと思います。

img_1122

スタート地点。

まずはステープラーの針のような部分を取り外しましょう。

img_1124

足が穴に入り込んでいるだけですから右左のどちらかを引いてやれば簡単に抜けます。

 

img_1126

次にこの金属プレート。これがボタンの2本足を抜けないように押さえ込んでいるわけなのですが…

img_1125

よく見ると左右で押さえ込んでいる方向が異なります。

plate

簡単な図で恐縮なのですが左の足は左に隙間が、右の足は下に隙間があります。

img_1127

つまり右側を上に押し上げてやれば外れます。

このときの注意点ですが、アルミ筐体自体に返しがついているので単純に上へ押し上げても外れない場合があります。

img_1128

ここでボタンを押し込んでやると…

img_1129

ピンが上げやすくなります。

img_1130

ここまでくればあとはボタンを外すだけですね。

img_1131

この足を外側に押してやれば…

img_1132

この通り外れました。この例ではスリープボタンを外しましたがボリュームボタンについても全く同様です。

 

ということでiPhone7/7Plusのボタンの外し方でした。

この情報が少しでもカスタムをしたい方などのお役に立ったなら幸いです。

<文:研究員A>

-iphone7, iPhone7Plus, カスタム

関連記事