*

親のiPhoneのロックを解除してクリスマスプレゼントをゲットした娘6歳

公開日: : NEWS

Amazonからクリスマスプレゼントが

1227_news02

ある日、アメリカに住むベサニー・ハウエルさんの元に、Amazonから13件の注文確認が届きました。

頼んだ覚えの無い注文に、ハウエルさん夫妻はハッキングを疑いました。

そこに6歳の娘・アシュリンドさんが「私が買い物をしたの」と告白。

なんとアシュリンドさんは、ハウエルさんが寝ている時にハウエルさんのiPhoneを使用して自らクリスマスプレゼントを購入していたようです。

購入した物はポケモングッズ約3万円分。

その後、ハウエルさんは13件のうち4件を返品、残り9件はアシュリンドさんへのクリスマスプレゼントになったそうです。

 

1227_news03

今は6歳の子供でもネット通販が出来ちゃうんですね。

怒られたのかはわかりませんが、9つも欲しい物をゲット出来たのですから、アシュリンドさん的には大勝利ですかね。

 

購入方法と対策

1227_news01

1. 親が寝ているのを確認します。
2. 親のiPhoneを手に取ります。
3. 寝ている親の指をiPhoneのホームボタンに当てます。
4. 指紋認証が一致すれば、iPhoneのロックが解除されます。
5. Amazonで購入。

パスワードを求められるはずですが、フォーム情報を記録していると最初から入力されてたり、メールアドレスを選ぶだけで自動入力になったりで、ロック画面を突破してしまえばセキュリティは結構ザルです。

同じ事をされそうな可能性がある方は、面倒でも毎回ログアウトしたり、履歴・cookie・キャッシュは削除しましょう。

Safariの場合は「設定」>「Safari」から設定変更や一括削除出来ます。

 

情報元:GIGAZINE

<文:研究員H>

関連記事

バッテリー寿命を延長する保護フィルム「テラフィルム TR」

最近、iPhoneのバッテリーの持ちが悪くなったという話を良く聞きます。 対策としてはモバイル

記事を読む

Apple MusicにSONYが参加。邦楽やアニソンの幅が広がる

iOS9から「ミュージック」アプリが使いにくく音楽配信「Apple Music」を 追加し

記事を読む

iPhone7、2016年発売予定か。フロントフル液晶?こんにゃくのように曲がる?大胆予想

すでに各所で予想が行われているiPhone7。Apple社が1年に1度新機種を発表し、2年に

記事を読む

アンテナ立ってるのに繋がらない!!を無くすとても簡単な方法

「バリ3」なんて言葉がありましたが… 覚えていますが?その名の通りアンテナが3本立っている状態

記事を読む

cheeroブランドの急速充電対応充電ケーブルが販売開始

cheero(会社名:ティ・アール・エイ株式会社)が10月23日(金)正午より、「cheer

記事を読む

レクタングル

iphone6s iphone6splus iphone7

 

iPhone研究所 六本木本店 iPhone修理研究所 iPhone買取研究所

 

【一気読み!】iPhone2017年モデル(iPhone7s/iPhone8)価格・スペック・発売日等 情報まとめPart2

1 2 メニュー 90.iPhone8

猶予期間は嘘?!iCloud上で削除猶予期間を過ぎたメモでも復元できることが判明

ロシアのソフトウェア会社が復元に成功 ロシアのソフトウェア会

Siri存続の危機?GoogleアシスタントがiPhoneへインストール可能に

Google I/O 2017にて発表 カリフォルニア州で行なわれて

Appleの新特許は光るLightningケーブル!

今回の特許は実用的 過去に様々なトンデモ特許を取得してきたApple

iOS10.3.2が公開。目だった機能追加は無いものの重要なバグ修正が23件。

マイナーアップデート 5月15日、iOS10.3.2が公開されました

日本人は世界一アプリをインストールしていた

インストール数世界一!だけど利用数は平均的 TechCrunchによ

iPhoneSE2?iPhone7s?謎のリアパネル画像が流出

突如リークされたガラス製リアパネル SLASHLEAKSに突如投稿さ

日本のiPhoneは実は安かった!―世界のiPhone7はいくら?

世界33カ国でのiPhone7 128GBの価格をランキングに BU

iPhone7のデザイン丸パクリのAndroidが新登場!

訴訟になりそうなレベルのデザイン iPhoneの人気ゆえか、iPho

2017年第1四半期の中国市場、iPhoneは他メーカーの犠牲に

中国市場は国内ブランドに注力 Digitimesによると、中国市場に

→もっと見る

PAGE TOP ↑