iPhone7s iPhone8

次期iPhoneは5インチでなく5.8インチが追加?情報が錯綜

iPhone7s(iPhone8)は4.7、5.5、5.8?

つい昨日、2017年発売予定のiPhone7s(iPhone8)では従来の4.7インチ、5.5インチに加えて5インチのラインナップが追加になるかもしれないという情報をお伝えしましたが、新情報として5インチではなく5.8インチが登場する可能性が出てきました。

1126_iphone8_04

DigiTimesでは台湾サプライヤーの話として、2017年のiPhoneにはAMOLED(有機EL)が採用され、生産はそのほとんどをサムスンディスプレイが独占。生産力は最大で2,000万台/月にも上ると伝えています。

ただし、AMOLEDが搭載されるのは従来の4.7インチ、5.5インチのモデルに加えて新モデルとして登場する5.8インチのみで、前述の2モデルは従来と変わらず液晶パネルが搭載されるとのこと。

また、2017年のAMOLED搭載新モデルの出荷数は世界で6,000〜7,000万台と推定されています。

なお情報元では生産ラインの詳細まで明らかになっており、AMOLED用のタッチセンサーは日本写真印刷株式会社が供給。

AMOLEDの生産およびタッチセンサーの接合を大部分がサムスンディスプレイが、その他に台湾のTPK Holding社とGeneral Interface Solution社が行なうとしています。

 

3モデルのうち1つだけ差別化が図られるとなると、この5.8インチ新モデルが10周年アニバーサリーモデルとして登場する可能性もありますね。

続報を期待しましょう。

<文:研究員A>

-iPhone7s, iPhone8

関連記事