NEWS

iPhone試作一号機と試作二号機

0114_iphone_01

先日、iPhoneのプロトタイプOSを公開したSonny Dickson氏が、新たな映像を公開しました。

今回は画面だけでなく本体も映されていて、さらに前回のiPodベースの他に、全面タッチタイプの試作品も公開されています。

 

「P1」と「P2」、2つのプロジェクト

 

0114_iphone_02

前回紹介したiPodベースのものは、iPodの生みの親・トニー・ファデル氏がデザインした「P1」と呼ばれるプロジェクトで作られたもの。

今回新たに公開されたものは、前iOS担当上級副社長のスコット・フォーストール氏がデザインした「P2」と呼ばれるプロジェクトで作られたものです。

一見するとショボイデザインですが、画面上のクイックホイールで操作を行う「P1」と異なり、画面全面をタッチして操作を行う、今のスマートフォンの基礎とも言える直感的な造りになっています。

iPodベースの「P1」と異なり、完全新規OSの為か、「P2」の方が起動に時間が掛かっています。

 

これらを見ると、現在のiPhoneが「P1」と「P2」の良い所をうまく足して、今のデザインに置き換えたのがわかりますね。

 

0114_iphone_03 2007_iphone

本体はどちらも同じものを使用されていて、初代iPhoneと同じデザインとなっています。

ただ試作品だからか、ディスプレイがプラスチック製で、ホームボタンに□マークが無く、背面が真っ黒だったりと、若干の差異はあります。

 

0114_iphone3g

バックパネルが真っ黒なのはiPhone3Gですが、もしかして試作品のデザインを気に入ってiPhone3Gに採用したんでしょうか?

 

情報元:Sonny Dickson

<文:研究員H>

-NEWS

関連記事