iOS

iOS10.3はiPhoneの処理速度がアップ!

32

先日、開発者向けにリリースされた「iOS10.3 beta1」。

この「iOS10.3 beta1」をインストールしたiPhoneは、一般向けの最新OS「iOS 10.2.1」を搭載したiPhoneとに比べ処理時間が速くなっている事が分かりました。

 

iOS10.3 beta1 スピードテスト

決して大差ではありませんが、処理速度が速くなっているのがわかるかと思います。

上の動画はiPhone6sですが、他にもiPhone5/5s/6でテストしていて、古いiPhone5でも「iOS10.3 beta1」をインストールした方が速い結果が出ています。

 

iOS10.3 beta1 起動テスト

こちらの動画ではiPhone5~6sまでの、電源を入れてからホーム画面が立ち上がるまでの速度比較を行っています。

iPhone6sは3秒早くなっていて、なんとiPhone5は8秒近く早くなっています。

 

決め手は「APFS」

新しい「iOS10.3 beta1」には、新しいファイルシステム「Apple File System(APFS)」が採用されていて、その効果だとか。

流れからいくと、秋頃にリリースされるであろう「iOS11」とかではiPhone5あたりが対象外になりそうな気もしますが、古いiPhoneでもOS次第で性能がアップ出来るのであれば、継続していってほしいですね。

 

<文:研究員H>

-iOS

関連記事