NEWS

他人に名前を知られてしまう?!AirDropに要注意

iPhoneの名前に注意

スマートフォンは個人情報のかたまり、なんてことは今更言うまでもないのですが、気をつけねばならないのは電話帳やLINEなど画面の中だけ、というわけではなさそうです。

 

先日はてな匿名ダイアリーに投稿されたとある内容が一部で話題になっています。

それはiPhoneに搭載されたとある機能を使うと、周囲のiPhoneユーザーに名前を知られてしまうかもしれないというなかなかに恐ろしいものでした。

 

Apple製品には「AirDrop」という遠隔でデータのやりとりをする機能が存在します。

このAirDrop、データのやりとりをするのを連絡先に入っている人のみかすべての人か選択できるのですが、すべての人を対象としている場合は当然ながらそのiPhoneの名前が知らない周囲の人にも表示されます。

iPhoneの名前というのは「設定」→「一般」→「情報」で確認できるのですが、特に設定を変更しないと「○○(ユーザー名)のiPhone」などという名前に勝手に設定されてしまうので、もしこの名前のままAirDropをすべての人に共有する状態にしていようものなら自分の名前をばら撒いているようなもの。

001-76

 

 

スマートフォンが普及し、その利便性の反面、セキュリティの意識を持って使わねばならない時代です。

今一度、自分のスマートフォンは無駄に情報をばら撒いていないか確認してみたほうがいいかもしれませんね。

<情報元:ゴゴ通信

<文:研究員A>

-NEWS

関連記事