オーディオ

Apple、Airpodsと同じ無線チップを搭載した首掛け型無線イヤホンを2/11に発売

2017/02/09

その名もBeats X

若者を中心に根強い人気のオーディオブランドBeats。かつてAppleが買収し傘下に入ったことはご存知の方も多いかと思います。

そのBeatsより、Airpodsと同じ「W1」という無線チップを採用した、リモコンマイク付イヤホンが発売されることがわかりました。

名前は「Beats X」。Airpodsのような完全独立タイプではなく、左右がケーブルで繋がれた首かけ型になっています。

MLYF2

発売日は2月11日。Appleストア、Appleオンラインストアおよびauオンラインショップにて14,800円+税にて先行発売となるそうです。

充電用の端子はLightningコネクタを採用しており、商品パッケージにはLightningケーブルが含まれています。

 

このBeats Xの特徴は大きく2つ。

まず先述の通り、Airpodsと同じ無線チップ「W1」を搭載していることです。このW1によりApple製品とのペアリングが驚くほど簡単に完了します。ここはさすがApple。

もちろんその他のスマホやプレイヤーでも一般的なBluetoothイヤホンとして利用可能です。

 

そして2つ目が急速充電。公称値ですが、わずか5分の充電で2時間の再生が可能、45分では最大8時間も再生可能になるそう。

無線イヤホンの宿命である充電の時間を大きく短縮できることは他の製品とのアドバンテージになりそうですね。

 

カラーはホワイトとブラックの2色展開です。Airpodsのような完全独立タイプではどうも紛失が心配だ、という(特にApple製品ユーザーの)方は是非チェックしてみてください。

Appleオンラインストア

<情報元:engadget

<文:研究員A>

-オーディオ

関連記事