NEWS

非正規店で画面修理したiPhoneでも画面以外はAppleの保証対象のままに

これまではApple以外でiPhoneの分解・修理を行った場合、そのiPhoneはAppleの保証対象外となっていましたが、今後は非正規店で画面修理を行っていても画面以外のトラブルに関しては保証対象内でサービスが受けられるようです。

Appleはこの事を社内通達していて、現在はアメリカ・カナダで適応されているそうで、順次拡大予定との事です。

 

変更点と注意点

Appleの修理対応には「画面修理」「バッテリー交換」「本体交換」の3つがあります。

iPhoneのトラブルで画面以外に原因があった場合、非正規店で画面修理を行っていた場合でも「バッテリー交換」「本体交換」は保証対象内で対応してもらえるようです。

ただし画面交換を行っていた場合、Appleの「画面修理」は保証対象外扱いとなり、非正規店で行った画面修理が原因の故障も当然保証対象外となります。

 

例えばロジックボードが原因で表示やタッチ操作に不具合が出る、いわゆる「タッチ病」なんかは画面以外の不具合として扱ってもらえるんですかね?

「画面修理をしたから」なんて言われなければ良いですが…

いざ始まってみると細かい例外なんかも出てきそうですが、サポート範囲が広がった事を素直に喜ぶべきでしょう。

早く日本でも実装されるといいですね。

 

画面修理に関する新たなサポートを検討中?

Appleは先日、落下時の不具合を検知する技術特許を申請しました。

これが実装されれば、落下した際に画面中に張り巡らされたセンサーが目に見えない不具合なども発見し、通知してくれるようになるそうです。

「もしかして非正規店では修理が出来ないようにする措置か!?」なんて思ってたのですが、今回のサポートの変更点を見る限り、違いそう?

今回の変更では「バッテリー交換」と「本体交換」のルールが緩和されたわけですが、もしかしたら「画面修理」も新たなサポートを検討しているのかもしれませんね。

 

情報元:MacRumors

<文:研究員H>

-NEWS

関連記事