iPhone7s iPhone8

【一気読み!】iPhone2017年モデル(iPhone7s/iPhone8)価格・スペック・発売日等 情報まとめPart1

iPhone7s

1 2

メニュー
50.iPhone8のバッテリーはL字型?バッテリー容量拡大か
49.iPhone8のワイヤレス充電説が濃厚!AppleがWPCに加盟
48.iPhone8は5インチ、「Qi」によるワイヤレス充電を採用か
47.新iPhoneの早期製造、iPhone8には虹彩認証を採用か
46.2017年のiPhoneは3モデルにワイヤレス充電を採用?
45.iPhone8(iPhoneX)、OLEDの採用でついに$1,000を超える?!
44.iPhone8で採用か?Apple、セラミックを加工する技術特許を申請
43.【あくまで】iPhone8のコンセプト画像が複数公開!【参考程度に】
42.iPhone8では3D Touchの強化や新しいロック解除方法を採用か
41.iPhone8ワイヤレス充電化に向け新規サプライチェーン参入
40.iPhone8は顔認識機能を搭載する?
39.iPhone8だけではない!?2017年は各スマホメーカー部品不足に陥る?
38.【アテには】iPhone8のコンセプト画像が複数公開!【してない】
37.「耐水」から「防水」に変わる時?iPhone8はIP68等級か
36.iPhone4の技術復活?iPhone8はステンレスフレーム採用か
35.iPhone8は急速充電&タップでスリープ解除?
34.iPhone7s(iPhone8)は4.7、5.5、5.8?
33.第3の選択肢「5インチ」は縦型デュアルカメラ?
32.iPhone8、OLEDディスプレイ製造の鍵を握るのは新潟!
31.コードネームは「フェラーリ」?iPhone8は7以上に内部構造が異なる?
30.やっぱりiPhone8はサムスン製のOLEDディスプレイを採用か?
29.OLEDディスプレイ採用に向けてApple・Google・MicroSoftがLG Displayと提携
28.OLEDの供給追いつかず2017年のiPhoneには厳しいか
27.2017年は例年通りiPhone7s/7sPlusのみ?新色はレッド?
26.iPhone7sはガラスボディ・ワイヤレス充電で期待大
25.Apple、iPhone8に向けて10種類の試作品を検討中
24.iPhone8では3D撮影が可能に?
23.2017年はiPhone7s/7sPlusとiPhone8を同時販売?
22.OLED採用iPhone8は5.8インチの特別設計?
21.iPhone8は本体サイズそのままで画面サイズをアップ?
20.2017年iPhone向けにワイヤレス充電を開発中。
19.iPhone8に採用予定のA11チップ、TSMCが独占製造か
18.SHARP参入確定か、「次期iPhone用OLEDパネルを開発中」と語る
17.iPhone8はサイズの異なる3モデル、両面ガラスでワイヤレス充電に対応?
16.iPhone8はバッテリーが進化!?
15.iPhone8ではLightningコネクタも廃止か?
14.iPhone8は画面全体で指紋認証?Appleが特許を取得
13.iPhone8用OLEDの生産にシャープが参戦?
12.2017年発売のiPhone8は両面にガラスを採用との予測
11.iPhone8の開発がもう始まっている?
10.iPhone8はOLEDをALDでナノコーティング!?
9.デュアルカメラはPlusのみ、2017年iPhone8にも採用されない?
8.2017年のiPhone8は5インチ?Proではなく『iPhone7SE』?
7.Apple、2017年発売のiPhone8用ディスプレイ製造に向けて進行中
6.2017年のiPhoneはOLEDディスプレイを採用したProモデルが追加か
5.TSMCが2017年のiPhone用チップ設計に協力?
4.2017年は7sを飛ばしてiPhone8?
3.2017年から1億枚!サムスンがAppleにディスプレイを供給
2.有名アナリスト、有機ELディスプレイの採用は2017年モデルからとの予測。
1.有機ELディスプレイは2017年のiPhone7sから?

スポンサードリンク

iPhone8のバッテリーはL字型?バッテリー容量拡大か

0214_iphone8_02
毎度おなじみ、KGI証券のアナリスト・Ming Chi Kuo氏によると、2017年のプレミアムモデル「iPhone8」ではバッテリー容量確保の為にロジックボードをコンパクトに設計するとの事。

これにより、iPhone7サイズでもiPhone7Plus並のバッテリーを採用できるそうです。

 

ロジックボードを多重層構造にしてコンパクト化

Ming Chi Kuo氏によると、バッテリーの技術は3~5年は大きな進化は見られないが、ロジックボードをコンパクトにする事は可能との事。

具体的には、現在10層構造のロジックボードを分割して積み上げ、20層構造に。

コンパクトになって空いたスペース分バッテリーが大きく出来るので、L字型のバッテリーを採用、と言う事らしいです。

 

0214_iphone8_01

図にするとこう。

左からiPhone7s / iPhone8 / iPhone6となります。

iPhone7sは従来のiPhoneと同じ10層構造のようですが、iPhone8以外のロジックボードをコンパクトにしない・出来ない理由があるのでしょうか?

 

これが実現出来れば、iPhone8のバッテリーは約2,700mAhにする事が出来るそうです。(ちなみにiPhone7は1,960 mAh、iPhone7Plusは2,900mAh)

加えて、これまでお伝えしてきたようにiPhone8にはTFTディスプレイよりも省電力に優れたOLEDディスプレイが採用されるとの情報です。

この相乗効果によってiPhone8の駆動時間はiPhone7PlusやiPhone7sPlusよりも向上するとの事。

 

問題はL字型のバッテリーを作れるのか?という所にありますが…

Appleはバッテリーを圧縮・変形させる技術特許を取得しているので、それが役に立つのでしょうか?

 

情報元:MacRumors

<文:研究員H>


iPhone8のワイヤレス充電説が濃厚!AppleがWPCに加盟

Apple、ワイヤレスパワーコンソーシアムに加盟

0214_wireless-power-consortium
先日、iPhone8のワイヤレス充電化についてお伝えしたばかりですが、それを裏付ける情報が入りました。

電子機器のワイヤレス給電互換性に関する国際規格「Qi(チー)」の策定と普及を進めている団体「ワイヤレスパワーコンソーシアム(WPC)」にAppleが加盟したことが判明しました。

既にワイヤレス充電機能を採用しているスマートフォンメーカーは加盟していて、iPhone8もワイヤレス充電が採用される可能性が高くなりました。

 

団体加盟によりApple製品も他社充電器との互換性も?

0214_apple_watch
実はApple WatchもQi規格の充電なのですが、独自の充電方式を採用している為、他のワイヤレス充電器との互換性が無く、ワイヤレスパワーコンソーシアムに加盟していませんでした。

ですが、ワイヤレスパワーコンソーシアムではQi製品の「下位互換性」と「相互運用性」を謳っており、iPhoneや今後のApple Watchでは他のワイヤレス充電器が使い回せる可能性が出てきました。

 

Appleの広報は「Appleは多くの規格開発に組織指導者と貢献者の両方として参加しています。ワイヤレス充電の将来的なスタンダード化を目指し、開発に貢献できるようにワイヤレスパワーコンソーシアムに加盟しました。参加している。我々はWPCとそのメンバーと一緒に働ける事を楽しみにしています」とコメントしたそうです。

 

情報元:Business Insider

<文:研究員H>


iPhone8は5インチ、「Qi」によるワイヤレス充電を採用か

台湾の「信頼できる情報筋」によると、2017年に発売されるiPhoneには、ワイヤレス充電に対応した5インチモデルが追加されるとの事です。

 

iPhone8は5インチ

5inch_iphone
2017年に発売されるiPhoneは従来の4.7インチと5.5インチに加え、5インチモデルが追加されるとの事。

上の画像はiPhone7の本体サイズに5インチを当てはめた場合になります。

縁の無いベゼルフリーデザインであれば、iPhone7サイズに収めることは充分可能で、更に小型化になる可能性もあります。

 

ワイヤレス充電は「Qi」

ワイヤレス充電はバックパネルにガラス製を採用したもの、つまりiPhone8のみの対応になるようです。

ワイヤレス充電に関してはいろんな噂がありましたが、Androidスマートフォンでも採用されていた充電規格「Qi」が採用されるとの事。

ただ、これもAndroidスマートフォンと同様に、iPhone本体にワイヤレス充電器は同梱されず、別売アクセサリーとなるそうです。

ワイヤレス充電器の製造は、Lightningケーブルも製造しているMFi認定工場の「LUXSHARE-ICT」が製造するとの事。

 

0912_lightning02
さらにiPhone7用に作られたLightningコネクタ用ヘッドフォンジャックアダプタの同梱は終了するそうです。

 

狙いはGallaxyからの乗換需要!?

iPhone8にはサムスンのGallaxy同様OLEDディスプレイ採用が噂されています。

また、充電規格「Qi」であれば、Galaxy純正ワイヤレス急速充電器「EP-NG930」等が、そのまま使用出来るメリットもあり、Galaxyからの乗換需要を見越した仕様と考えられています。

 

情報元:MACお宝鑑定団Blog

<文:研究員H>


新iPhoneの早期製造、iPhone8には虹彩認証を採用か

0211_iphone8

業界筋からの情報によると、AppleはiPhone7s/7sPlus、iPhone8の製造を従来よりも早めに取り掛かる準備をしているとの事で、OLEDディスプレイやワイヤレス充電・虹彩認証が採用されるようです。

 

iPhone8にはOLEDディスプレイと虹彩認証を採用?

次期iPhone用のチップやコンポーネントのサプライヤーに、試作や精査を開始し、従来よりも早くパーツの在庫を準備するように要求しているとの事。

次期iPhone用のチップや部品の出荷は、2017年第1四半期に始まると予想されています。

 

また、プレミアムモデルのiPhone8の製造に携わっている台湾のサプライヤーによると、第1四半期末頃にiPhone用のOLEDパネルの製造に取り掛かる予定だそうです。

既にAppleは、Samsung Displayから十分なOLEDパネルを注文しているとの事。

 

さらにiPhone8には「ワイヤレス充電」と、瞳による認証システム「虹彩認証」が採用されるとの事。

Appleは関連パーツの開発に積極的に取り組んでいるようで、各パーツに対する厳しい検査要件を設定しているそうです。

 

iPhone7s/7sPlusに新要素は?

今回の情報だとiPhone8にしかワイヤレス充電が無いような記述でしたが、先日のMing Chi Kuo氏からの情報によると3モデル全てに採用されるとの事でした。

ここ数年、新しいiPhoneには少なからず新機能が搭載されてきましたが、iPhone7s/7sPlusにはワイヤレス充電のみとなるのでしょうか?

 

情報元:DIGITIMES

<文:研究員H>


2017年のiPhoneは3モデルにワイヤレス充電を採用?

0116_iphone8_04

2017年モデルのiPhoneはiPhone7s/7sPlusと、プレミアムモデルのiPhone8(iPhone X?)が販売されるという噂ですが、Apple関連の情報でお馴染みのKGI証券のアナリスト・Ming Chi Kuo氏によると、その3モデルすべてにワイヤレス充電が搭載されるとの事です。

 

ワイヤレス充電はiPhoneが値上がる可能性も

3モデルすべてにワイヤレス充電が搭載されるとの事ですが、デメリットもあります。

Ming Chi Kuo氏によると、ワイヤレス充電機能を搭載する事で、iPhoneの内部温度は従来のものよりも上昇してしまうとの事。

特にiPhone8はガラスパネルを採用との噂ですが、ガラス素材は従来のアルミニウム製よりも廃熱の効率が悪く、内部温度が上昇しやすくなってしまいます。

また、発熱から3D Touchセンサーを保護する為に、新しいグラファイト層(放熱材)が必要になるそうで、3D Touchモジュールの総コストは30〜50%ほど上昇し、結果iPhoneも値上がる可能性があるとの事です。

 

そこまでして採用したいのか?

ワイヤレス充電はもちろん便利ですが、その為に新たにワイヤレス充電器を用意しなくてはならず、更にiPhoneも値上がってユーザーの負担も増えます。

Ming Chi Kuo氏によると、温度上昇はユーザーが体感するレベルではないらしいですが、既に耐水防塵の影響でiPhone7は従来のモデルよりも内部温度の上昇が著しいです。

Androidスマートフォンでも普及率の悪さからか減少傾向があると言うのに、いろいろなデメリットを乗り越えてまで搭載する価値があるのでしょうか?

 

情報元:9to5Mac

<文:研究員H>


iPhone8(iPhoneX)はOLEDの採用でついに$1,000を超える?!

0129_iphone8_02

iPhoneの発売10周年を記念する次期iPhoneですが、その価格がついに$1,000の大台を超える可能性が出てきました。

記念品は高くつく?

まず第一に、iPhone8で採用されるとされるOLED、いわゆる有機ELは、従来採用されてきた液晶パネルに比べて高価な代物。

iPhone8では画面のベゼル(余白)を極力無くすとされており、その場合の試算コストは液晶の約2倍になると考えられています。

加えて、更なる高性能メモリを搭載するという説も。この場合、速度を上げるのか容量を上げるのかははっきりとはしませんが、いずれにせよ昨今のメモリ市場は価格の高騰が顕著です。

 

現在の最新機種の最高モデルであるiPhone7Plusの256GBは$969となっていますが、$1,000となると今の為替で約113,000円。既にハイエンド機の地位を確立しており、また割賦契約が基本となりあまりその価格を意識することがんくなってきているとはいえ、こうして改めて数字にしてみると驚いてしまいますね。

 

過去最高スペックと噂される過去最高価格のiPhone8(iPhoneX)。記念品という立場ではなく、真に価格に見合った機能と満足感を与えてくれる端末になることを祈るばかりです。

<情報元:Fastcompany

<文:研究員A>


 

iPhone8で採用か?Apple、セラミックを加工する技術特許を申請

0204_iphone8

Appleはセラミックをレーザーで研磨する技術の特許を申請しました。

 

0204_iphone

今回申請したものでは、レーザーによって平面以外の加工も可能になる為、iPhone6やiPhone7のような丸みのあるデザインに加工がしやすくなるものと思われます。

申請した書類の中にはiPhone用のものもあり、いずれiPhoneにも採用されるかもしれません。

 

セラミックは軽くて丈夫

「iPhoneをセラミック製にする」なんて噂は一年前からあり、残念ながらiPhone7には採用されませんでしたが、Apple Watch Series 2の「Apple Watch Edition」にて採用されました。

 

0204_applewatch2_02 0204_applewatch2

Apple Watch Editionの説明には「なめらかで、軽く、極めて耐久性の高い」「ステンレススチールと比べて4倍以上の硬度」「傷や曇りを寄せつけません」と、強度面や美しさをアピール。

耐久性が向上したiPhoneが登場するかもしれません。

 

また、Appleの書類によると「サファイア、ジルコニア等の透明なものを素材に形成」と記されていること。

iPhone8はガラスパネルで挟み込む構造といわれてきましたが、透明なセラミックをガラスの代わりに採用する可能性も出てきました。

 

余談ですが

0204_iphone5

iPhone5のホワイトカラーのバックパネルにあるアンテナ(上下の白い部分)がセラミックガラスで出来ているそうです。

 

情報元:Patently Apple

<文:研究員H>


【あくまで】iPhone8のコンセプト画像が複数公開!【参考程度に】

またiPhone8のコンセプト画像がいろいろ上がっています。

 

iPhone X Ver. ConceptsiPhone

0129_iphone8_01

ConceptsiPhoneから、iPhone8ではなくiPhoneXとして紹介。

 

0129_iphone8_02

iPhone4のように金属フレームをガラスで挟むデザイン、縦向きになったデュアルレンズカメラが特徴的です。

 

0129_iphone8_04 0129_iphone8_03

液晶表示は左右が端まで表示されるベゼルフリーデザイン。

ですがホームボタンを廃止しているので、最下部はタッチ操作が行えるようになっています。

 

iPhone8 Ver. ConceptsiPhone

0129_iphone8_05

同じくConceptsiPhoneから、こちらはiPhone8として紹介。

 

0129_iphone8_06

正面は先程のものと大きく変化がなさそうですが…

 

0129_iphone8_07 0129_iphone8_08

なんとアウトカメラがアップルマーク内に移動!

そんな噂は無かったし、バッテリーを入れるスペースを考えると、実現するかどうか…

 

iPhone8 Ver. EverythingApplePro

0129_iphone8_09

EverythingAppleProにて紹介。(Ver. EverythingAppleProと紹介してますが作成者は不明)

 

0129_iphone8_10 0129_iphone8_11

これ、以前Weiboにアップされていたのと同じですね。

こちらの方がアップしたのは先のようです。

フレームをガラスで挟むデザインで、一見するとものすごく薄そうですが、フレームが薄い分、ガラスに厚みがあります。

スポンサードリンク

iPhone8 Ver. Moe Slah

0129_iphone8_12

最後はMoe Slah氏が作成したiPhone8。

ディスプレイの紹介のみになります。

 

0129_iphone8_13

左右に加え舌いっぱいまで表示が可能なベゼルフリーデザインになっています。

上もスピーカーやインカメラをギリギリまで上にして表示範囲を増やしています。

最下部は指紋認証やコントロールセンターなどの機能が割り当てられるようです。

 

0129_iphone8_14

サイズの記載もあり、iPhone7Plusと同サイズの5.8インチのOLEDディスプレイとして紹介されています。

ですが、iPhone7Plusと同サイズで左右下がベゼルフリーデザインだと6インチ以上になる計算であり、これは誤りです。

 

<文:研究員H>


iPhone8では3D Touchの強化や新しいロック解除方法を採用か

iPhoneのリーク情報でおなじみ、KGI証券のアナリストのMing-Chi Kuo氏によると、次期iPhone(iPhone8)では3D Touchの強化や新しい生態認証の搭載を検討しているとの事です。

 

スポンサードリンク

フィルムセンサーで3D Touchの感度アップ

3dtouch

現在の従来のフレキシブルプリント基板よりも感度の高いフィルムセンサーを採用するとの事。

3D Touchといえば画面を強く押したりするのですが、iPhone8に採用が噂されているOLEDディスプレイは柔軟性があるため、そのままでは変形してしまう恐れがあります。

ですが、その対策として金属製のパーツをフィルムセンサーの下に置く事で、充分な強度が確保できるとの事です。

 

指紋認証はディスプレイ上で

1007_iphone8_01 1007_iphone8_02

Ming-Chi Kuo氏はホームボタンが廃止され、ディスプレイ上の仮想ホームボタンまたは画面全体で指紋認証が行えると予測しているようです。

ディスプレイ上で指紋認証を行うに当たり、ディスプレイの下に指紋認証の機能を持つ「アンダーパネル」の配置が必要になります。

これらに必要な技術はまだ開発の初期段階で、なおかつOLEDディスプレイを新機能に対応した特注デザインのものが必要だったりと課題が多い状態との事。

ですがMing-Chi Kuo氏はAppleにはこれらカスタマイズを要求する交渉力があると考えているそうです。

 

いずれは顔認証に移行

Appleがこれまでに申請した特許から見るに、虹彩(瞳)認識ではなく顔認識技術の方に力を注いでるとの事。

しかし顔認識を採用するには、アルゴリズム・ハードウェア設計・検証と認証のためのデータベースの構築(時間がかかる)と、課題も多く。

詳しいことはわかりませんが、今ある顔認証は写真などでも認証が出来てしまう欠点もあります。

完全移行までは顔認証と指紋認証を組み合わせることでセキュリティを強化する可能性があるとの事です。

 

情報元:MacRumors

<文:研究員H>


iPhone8ワイヤレス充電化に向け新規サプライチェーン参入

0116_iphone8_04

業界関係者からの情報によると、ワイヤレス充電の部品を製造しているメーカーが次世代iPhoneのサプライチェーンに参入したとの事です。

 

iPhone8の新機能?ワイヤレス充電

台湾で半導体部品を製造しているLite-On Semiconductorは、高速ワイヤレス充電をサポートするための「GPPブリッジ整流器」と呼ばれる部品をAppleに提供するとの事。

次世代iPhoneに必要な「GPPブリッジ整流器」の注文の半分を入手した、と報告しているようです。

この件に関して、Lite-On Semiconductorはコメントを控えているそうです。

 

果たしてワイヤレス充電は必要か?ブーム再燃なるか?

Androidスマートフォンではワイヤレス充電に対応したスマートフォンはいくつかあります。

しかしワイヤレス充電器を購入しなくてはならない・充電速度が遅いなどの欠点があり、あまり普及はせず、対応端末は減少傾向にあります。

アプリゲームの普及により、充電しながらプレイする人が増加していることもあり、充電しながらのプレイが難しいワイヤレス充電は逆にデメリットになっているでしょう。

正直、採用されても反応は薄そうですが、人気スマートフォンのiPhoneが採用すれば、そういった評価も逆転するのでしょうか?

 

情報元:DIGITIMES

<文:研究員H>


iPhone8は顔認識機能を搭載する?

0116_iphone8_02

アメリカ、Cowen and Companyのアナリスト、Timothy Arcuri氏がこの度公表した次期iPhoneに関するレポートによると、アニバーサリーモデルとして多機種との差別化が図られた5.8インチのiPhone(= iPhone8 =iPhoneX)では顔認識機能が追加、イチオシ機能として売り出す可能性があるようです。

 

同氏はこの5.8インチのiPhoneについてかねてより、OLEDを採用しワイヤレス充電に対応するだろうとしていました。

そして今回のレポートでは、この2点に加えてフロントパネル付近にレーザーセンサーと赤外線センサーを搭載し、顔認識やジェスチャー認識機能が搭載され、現状ホームボタンで認識させているTouchIDもディスプレイで認識するようになるだろうとしました。

 

この顔認識機能が実現した場合、TouchIDと組み合わさることで更なるセキュリティの向上と、この機能を活用したARサービスの出現など様々な可能性が広がります。

同時に発表されるとされている従来の4.7インチ&5.5インチモデルについても新色として赤が配備される可能性などもあり、iPhone10周年となる今年の秋に向けて期待が膨らみます。

<文:研究員A>


 

iPhone8だけではない!?2017年は各スマホメーカー部品不足に陥る?

1125_iphone_7s7splus8_01

台湾の携帯電話メーカーの情報筋によると、中国のスマートフォンベンダーからの需要が増え、2017年にディスプレイを初めとする主要部品が供給不足になる可能性が高いとの事です。

 

生産数の少ないOLEDとスマホの大型化が原因か

2017年、Appleは例年通りiPhone7s/7sPlusを展開する他、iPhone10周年を記念すべく、プレミアムモデルのiPhone8を発売するという噂。

その噂の中で特に目立っているのが、液晶ディスプレイを従来のLCDディスプレイからOLEDディスプレイに変えるという情報。

OLEDディスプレイは強度や省エネ、加工のしやすさから次世代ディスプレイとして注目されています。

 

しかし現状は生産数が少なく、自社で製造ラインを持ってるサムスン一強の状況です。

その為、iPhone8は生産数が少ないか、最悪見送りになる可能性があります。

 

しかしこの供給不足はOLEDディスプレイだけでなく、LCDディスプレイにも及ぶようです。

現在スマートフォンのディスプレイサイズは、これまで多かった5インチから5.5インチや5.7インチの大きいサイズに移行している傾向にあります。

大きくなる分、必要なLCDディスプレイや他のパーツの量も増え、2017年の供給は厳しい状況にあるとの事です。

 

確かに、仮にAppleがiPhone7s/7sPlus(LCD)とiPhone8(OLED)を発売するなら、LCDディスプレイ製造の枠に空きが出るわけではありませんね。

iPhone7/7Plusでは予約開始数分でジェットブラックモデルが数週間待ちな状態になりました。

各社、OLEDディスプレイの大量生産に向けて動いているようですし、この成果が年内に実ってくれればいいのですが。

 

情報元:DIGITIMES

<文:研究員H>


【アテには】iPhone8のコンセプト画像が複数公開!【してない】

0116_iphone8_00

これまでのいろんなiPhone8の情報を参考に、コンセプト画像・動画が複数公開されました。

 

iPhone8 Ver. ConceptsiPhone

0116_iphone8_01

最初はYouTubeにてConceptsiPhoneがアップしたもの。

公開されているのは5.8インチのジェットブラックとホワイトカラーのもの。

素材は丈夫で軽量・熱にも強いジルコニアセラミックを採用。

 

0116_iphone8_02

ホームボタンは完全にディスプレイに統合されている為、フラットな仕上がりに。

 

0116_iphone8_03

ベゼルフリー(縁無し)になっている為、液晶表示が横いっぱいまで表示されています。

 

0116_iphone8_04

Smart Connectorを使用したワイヤレス充電も可能に!

 

iPhone8 Ver. Handy Abovergleich

0116_iphone8_05

次にHandy Abovergleichにて公開されたもの。

ページがオフィシャル風に作られています。

最近の情報ではiPhone7s/7sPlusとiPhone8という噂が多かったですが、このコンセプト画像ではiPhone8/8PlusとiPhone8Proの3モデルで紹介されています。

 

0116_iphone8_06 0116_iphone8_07

ディスプレイ全面ベゼルフリーデザインとなっていて、画面の上ぎりぎりに時計表示がされていたり、一番下にはホームボタン以外の機能も追加されています。

 

0116_iphone8_08

iPhone4同様の金属フレームをガラスで挟む構造になっています。

カラーバリエーションがベースをブラックまたはホワイトにして、フレームのカラーが変わるようです。

画像で見る限りでは「ブラック×シルバー」「ブラック×ゴールド」「ブラック×ブラック」「ホワイト×シルバー」「ホワイト×ローズゴールド」といった感じでしょうか。

 

0116_iphone8_09

iPhone8ProはiPad Pro同様Apple Pencilに対応。

 

iPhone8 Ver. 搞机小盒子

0116_iphone8_10

最後はWeibo(微博)に搞机小盒子氏がアップしたもの。

カラーバリエーションは現行と同じようですね。

左右がベゼルフリーで、やはりホームボタンはディスプレイに統合されています。

 

0116_iphone8_11

スピーカーの穴の形状が従来のiPhoneとは異なる形状をしてますね。

 

0116_iphone8_12 0116_iphone8_13

スリープボタンやボリュームボタンが埋め込みしきなのか、出っ張っていません。

 

まああまり期待はせずに…

こちら、最初のConceptsiPhoneが過去にアップしたiPhone7のコンセプト動画です。

ね?

 

<文:研究員H>


「耐水」から「防水」に変わる時?iPhone8はIP68等級か

21

2017年に発売予定のiPhoneでは、耐水性と防塵性をiPhone7よりも向上させ、IP68等級に格上げする計画との事です。

 

防水防塵規格の最高等級「IP68」

現行のiPhone7/7PlusはIP67等級で、防塵性能は最高等級の6(粉塵が内部に侵入しない)、防水性能は最上から1ランク下の7(水深1.5mに30分浸しても影響を受けない)でした。

これがIP68等級になる事で防水性能も最高等級となり、連続的に水中に置いても有害な影響がない完全密閉機構となります。

大手メーカーですとSONYのXPERIAがIP58、サムスンのGallaxyがIP68の防水スマートフォンを出してます。

 

これは充分可能性ありそうですね。

実はiPhone6sからある程度の防水対策は施してありましたが、一切公表せず。

iPhone7もIP67等級の「耐水」としながらも、ユーザーが防水性能を検証した結果では一部の防水スマートフォン(IPx8等級)よりも優れた結果が出たケースもありました。

前機種でテストしている節はあるので、2017年に発売されるiPhone7sまたはiPhone8がIP68等級となるのは順当かもしれません。

 

iPhone7では「防水」ではなく「耐水」と表記していましたが、防水スマートフォンを謳うAndroidスマートフォンと同等かそれ以上となるので、iPhoneもようやく「耐水」から「防水」に変わるのでしょうか?

 

情報元:AppleInsider

<文:研究員H>


iPhone4の技術復活?iPhone8はステンレスフレーム採用か

0113_iphone8_01

以前にも2017年のiPhone8(仮)のフレームはアルミ製かステンレス製という話が出ていましたが、iPhone4同様のステンレス製フレームで製造する方向で話が進んでいるようです。

 

ステンレス製フレームの製造はiPhone4と同じ2社

0930_iphone4s

iPhone5以降、iPhoneのフレームはアルミをCNC加工(コンピュータ数値制御による機械加工)して製造されてきましたが、iPhone4同様のステンレス製フレームを2枚のガラスで挟み込む構造にするとの事。

ステンレス製フレームの供給はFoxconnと米Jabilが供給するとの事で、この2社はiPhone4のステンレス製フレームも供給していました。

サプライチェーンの関係者からの情報によると、製造コストは現在のCNC加工のアルミ製フレームよりも30〜50%安く、製造時間を削減する事が出来、品質管理もより安定しているとの事です。

 

ステンレス製フレームが採用されると、現在アルミ製フレームを加工しているCatcher TechnologyとCasetekの業績に影響がありそうですが、ステンレス製フレームの加工や、その他の部品の発注を委託する為、両社に大きな影響は無いとの事です。

 

情報元:DigiTimes

<文:研究員H>


iPhone8は急速充電&タップでスリープ解除?

1125_iphone_7s7splus8_01

2017年に発売が予想されるiPhoneがiPhone7sかiPhone8なのか定かではありませんが、新しいiPhoneには毎回新機能を搭載しています。

シアターモードに関する情報をリークしたSonny Dickson氏によると、iPhone8では2つの新機能を搭載しているとの事です。

 

充電速度の高速化

新しいiPhoneにはチャージポートを管理する新しいチップが搭載されるとの事で、これにより充電速度が向上するんだそうです。

しかし、その為にはケーブルやアダプタも変える必要が出てくる可能性がありますが、MacBookにも採用されているUSB3.1 Type-Cを採用する場合、ライセンス料が高く掛かります。

また、iPodに同梱されている急速充電が可能なUSB電源アダプタをこれまでiPhoneに同梱していないことから、実現するかはわからないとの事。

 

画面タップで起動

一部のAndroidスマートフォンで採用されている、画面をタップする事でスリープ状態を解除する機能がiPhoneにも採用されるとの事。

Sonny Dickson氏はiPhone7s/7sPlusとiPhone8が発売されると予想していますが、この機能が採用されるのはiPhone8のみと語っているそうです。

画面をスリープ状態でも感知するものに変える必要があるのか、それともiPhone8は画面全体で指紋認証が行えるとの情報があり、その事を指しているのでしょうか?

既に最新のiPhoneにはボタン以外に傾けて起動する機能が採用されていますが、あんまり需要が無かったんですかね?

 

情報元:Forbes

<文:研究員H>


iPhone7s(iPhone8)は4.7、5.5、5.8?

つい昨日、2017年発売予定のiPhone7s(iPhone8)では従来の4.7インチ、5.5インチに加えて5インチのラインナップが追加になるかもしれないという情報をお伝えしましたが、新情報として5インチではなく5.8インチが登場する可能性が出てきました。

1126_iphone8_04

DigiTimesでは台湾サプライヤーの話として、2017年のiPhoneにはAMOLED(有機EL)が採用され、生産はそのほとんどをサムスンディスプレイが独占。生産力は最大で2,000万台/月にも上ると伝えています。

ただし、AMOLEDが搭載されるのは従来の4.7インチ、5.5インチのモデルに加えて新モデルとして登場する5.8インチのみで、前述の2モデルは従来と変わらず液晶パネルが搭載されるとのこと。

また、2017年のAMOLED搭載新モデルの出荷数は世界で6,000〜7,000万台と推定されています。

なお情報元では生産ラインの詳細まで明らかになっており、AMOLED用のタッチセンサーは日本写真印刷株式会社が供給。

AMOLEDの生産およびタッチセンサーの接合を大部分がサムスンディスプレイが、その他に台湾のTPK Holding社とGeneral Interface Solution社が行なうとしています。

 

3モデルのうち1つだけ差別化が図られるとなると、この5.8インチ新モデルが10周年アニバーサリーモデルとして登場する可能性もありますね。

続報を期待しましょう。

<文:研究員A>


第3の選択肢「5インチ」は縦型デュアルカメラ?

2017年発売予定のiPhone7s(iPhone8)では従来の4.7インチ&5.5インチのラインナップに加え、5インチのモデルも並ぶ可能性があるようです。

iphone7-gallery1-2016

台湾サプライヤーの話では、次期iPhoneは新作ではなくiPhone7/iPhone7Plusのアップデート版であるiPhone7s/iPhone7sPlusになるとのことですが、この2モデルに加えて新しく5インチサイズのiPhoneが登場する可能性があるとのこと。

仕様は他の2モデルと同様になるようですが、現状iPhone7Plusにしか搭載されていないデュアルカメラが採用され、iPhone7Plusでは横になっていたレンズの配置が縦になるとか。

しかしこれらはいずれも検討段階の仕様ということで、最終的には2017年第2四半期中には決定するだろうとしています。

 

新モデルの投入となると名称が気になりますね。オリジナルとPlusの中間…投入の決定如何の合わせて続報が期待されます。

<出典:Macお宝鑑定団

<文:研究員A>


iPhone8、OLEDディスプレイ製造の鍵を握るのは新潟!

「キヤノン」と書いて「キャノン」と読む

iPhone8に採用が噂されている有機EL(OLED)ディスプレイ。

OLEDの製造に必要な装置が新潟県にあるキヤノンの子会社・キヤノントッキで作られているのをご存知でしょうか?

 

キャノントッキで作られている発光体の膜を基板に蒸着させる装置

キヤノントッキで作られている発光体の膜を基板に蒸着させる装置が、現在のOLEDの製造に不可欠となっており、各国のディスプレイメーカーから注文が相次いでいるそうです。

キヤノントッキの会長・津上氏は「需要は3年は続く」「当社の生産キャパシティーが問題で納入ができない状況は、早く解消するよう来年も増強を進めていく」とコメントしたそうです。

実際に、Appleの意向を受けて2015年末から注文が急増し、2016年の生産能力を前年比で倍増させたそうです。

そして2017年の生産増加へ向け、スタッフの増員も行っているとの事。

海外のアナリストは、今後スマートフォンはOLEDディスプレイに移行する流れになると予測し、キヤノントッキは今後2~3年は市場を支配できるだろうとコメントしています。

 

OLEDディスプレイを接続するフレキシブル基盤も開発中!

現在iPhone向けにフレキシブル基盤を製造しているZhen Ding TechnologyとFlexium Interconnectの内、FlexiumはOLEDディスプレイに対応したフレキシブル基盤を開発中との事です。

Zhen DingとFlexiumは、iPhone7の需要低下に伴い、1~2月は業績が低下すると見られています。

Appleにとっても各サプライヤーにとっても2017年のiPhone8が成功の鍵を握っているようですね。

 

情報元:BloombergDIGITIMES

<文:研究員H>


コードネームは「フェラーリ」?iPhone8は7以上に内部構造が異なる?

iPhone3台分のコードネームが流出

1223_iphone8_02

2017年のiPhoneは例年通りの流れを汲むiPhone7s/7sPlusと、プレミアムモデルのiPhone8が出るという噂ですが、中国のSNS・WeiboにAppleのサプライチェーンから流出した関係書類によると、iPhone8は「Ferrari(フェラーリ)」のコードネームがつけられているとの事です。

書類には2017年に発売されるiPhoneが「D20」「D21」「D22」というコードで記されていて、「D22」が「Ferrari(フェラーリ)」とも呼ばれているようです。

「Ferrari」、つまりiPhone8は、ガラス製ボディ・有機EL(OLED)ディスプレイを採用、ホームボタンはディスプレイ内に埋め込まれ、新機能としてワイヤレス充電を追加と、このあたりはコレまでの情報と一致ですね。

 

iPhone8はロジックボードがセパレート?

1223_iphone8_01

今回の書類には内部構造に関する画像もリークされていて、ロジックボードが2枚になるとの事。

これはCPUの処理動作の改善や、今後のサービス拡大等のために、狭いスペースを有効活用するためだそうです。

また、ロジックボードを2枚にするにあたり、SIMトレイもiPhone4からずっと右側だったのをiPhoneの下部に移すようです。

ただ、これらはデザイン案のひとつで正式採用されない可能性もあるとの事です。

 

情報元:cnBeta

<文:研究員H>


やっぱりiPhone8はサムスン製のOLEDディスプレイを採用か?

やっぱりOLEDディスプレイはサムスン強し!?

1101_iphone8

2017年のiPhoneはiPhone7/7Plusのバージョンアップに当たるiPhone7s/7sPlusと、OLEDディスプレイを採用したiPhone8が出るという噂。

韓国メディアの情報によると、iPhone8に採用するOLEDディスプレイはサムスン製のものを使用するとの事です。

iPhone7sとiPhone7sPlusは、LG Displayとジャパンディスプレイ製の従来タイプの液晶ディスプレイを搭載するとの事です。

 

サムスンはOLEDディスプレイを年間7,000万~1億台製造していて、この量はiPhoneの年間販売数の半分くらいの数字になります。

もちろん製造は自社用にも行われるでしょうし、これらを踏まえても2017年にiPhone8以外の端末もOLED化というのは難しいでしょう。

 

複数社協力のLG Display製は間に合わずか

先日の情報では、Apple・Google・MicroSoftがLG DisplayとOLEDディスプレイを開発しているとの事でした。

こちらが潤沢に供給できるようになるのは2018年と言われているため、2017年はサムスン製を採用ということでしょうか?

 

情報元:AppleInsider

<文:研究員H>


OLEDディスプレイ採用に向けてApple・Google・MicroSoftがLG Displayと提携

折り畳み式OLEDディスプレイ、2018年には供給可能に?

1217_iphone8_01

加工が容易・省エネなどの利点があるOLED(有機EL)ディスプレイ。

各スマホメーカーが採用を検討しているようですが、現在この分野はGalaxy有するサムスン一強の状態で、2017年のiPhone8(仮)への採用も難しいと報じられてきました。

そんな状況を打破すべく、Apple・Google・MicroSoftがLG Displayと提携して折り畳み式のOLEDディスプレイを開発しているそうです。

2018年には3社へ折り畳み式ディスプレイの供給が出来る状況になるとの事です。

 

1217_iphone8_02

LG Displayは、すでに折り畳み式ディスプレイの試作品を開発し、この試作品の技術レベルがかなり高いとの事ですので、期待できそうですね。

Appleも折り畳み式ディスプレイを採用したデバイスの技術特許を取得している事から、2018年は大幅な技術革新が見られるかもしれませんね。

 

iPhoneのApple、Android・Pixelのgoogle、そしてWindowsスマートフォンのMicroSoftと、それぞれOSの異なるスマートフォンを有するメーカーがディスプレイの分野で提携という凄いシチュエーションですね。

情報元のET Newsでは2017年のOLEDディスプレイ採用iPhoneにも触れていますし、2018年に折り畳み式が採用されるのであれば、折り畳まない式ならば2017年の採用も可能性があるのではないでしょうか。

 

情報元:ET News

<文:研究員H>


OLEDの供給追いつかず2017年のiPhoneには厳しいか

1101_iphone8

2017年のiPhoneは例年通りならばマイナーアップデートとなるiPhone7s/7sPlusの販売となります。

しかし2017年はiPhone10周年記念として、ワイヤレス充電機能搭載・ガラスボディ採用・、OLED(有機EL)ディスプレイを採用したiPhone8が登場するという説もあります。

しかし現在の正常状況ではOLEDの供給は難しいとの事です。

 

OLEDディスプレイ、供給量不足か

Appleもいろいろ手を考えてはいるようですが、やはりサムスン以外のメーカーからOLEDディスプレイの供給は難しい状況。

シャープなどのAppleのサプライヤーが、スマートフォン用OLEDの製造に取り組んでいるようですが、現行のペースを考えるとOLEDディスプレイ搭載スマートフォンが登場するのはまだ数年先になると見られています。

OLEDディスプレイによる収入を得られるのは先になり、今後2年間は多額の出資によりに苦しむことになると予測されています。

 

こうなってくるとプレミアムモデル説よりマイナーアップデート説のほうが現実味を帯びてきますね…

 

情報元:ウォール・ストリート・ジャーナル

<文:研究員H>


2017年は例年通りiPhone7s/7sPlusのみ?新色はレッド?

1209_iphone7splus01

iPhone10周年となる2017年に発売されるiPhoneはガラス製ボディ・ワイヤレス充電採用のiPhone7s/7sPlus/8になるとの噂で盛り上がっていましたが。

特に大きな変化はなく、例年通りiPhone7s/7sPlusが発売されるとの事です。

 

10周年も平常運行、プレミアム感は無し?

Macお宝鑑定団Blogによると、台湾サプライヤーからの情報として、2017年に発売される予定のiPhoneは、iPhone7/7Plusのアップデート版であるiPhone7s/7sPlusとなるようだとの事です。

ガラス製ボディの採用などは行わず、基本的デザインなどは変わらず。

ワイヤレス充電も無く、A11チップを搭載するなどの地味目なアップデートのみになるそうです。

 

う~ん、ここに来てガッカリな情報ですが、iPhone4から続く販売サイクルを考えるとこちらの方が現実的ではあります。

しかしiPhone5sではToutc ID(指紋認証)が、iPhone6sでは3D Touchが追加と、sシリーズは何かしらの機能が追加されています。

ワイヤレス充電ではなくとも、何かしらの新機能が追加されそうですが…

 

新色レッドの追加?

唯一新しい追加情報として、カラーバリエーションにレッドが追加するとの事です。

 

1209_productred

しかしAppleは(PRODUCT)REDという寄付用のモデルを販売しており、レッドは特別な色を意味しています。

追加されるならば通常カラーバリエーションではなく、限定モデルになりそうですが…

 

情報元:Macお宝鑑定団Blog

<文:研究員H>


iPhone7sはガラスボディ・ワイヤレス充電で期待大

1125_iphone_7s7splus8_01

2017年に発売されるiPhoneはiPhone7s/7sPlusと有機EL(OLED)ディスプレイを採用したiPhone8の3モデルになると報告したKGI証券のアナリストのMing-Chi Kuo氏が、新たに4.7インチのiPhone7sについてのレポートを公開したとの事です。

 

今までのsシリーズとは違う?iPhone7sも大幅進化

OLEDディスプレイを採用し、外観も大きく変わるiPhone8はハイエンドユーザー需要が高いと予測。

ですがiPhone7sもガラス製ボディを採用し、ワイヤレス充電に対応する為、エントリーレベルでの需要が高いと予測しています。

 

これまでのレポートから、2017年に発売されるiPhoneの全モデルでワイヤレス充電の採用が予想されます。

また、同氏は新しい4.7インチのiPhone7sとOLEDディスプレイを採用したiPhone8は前例の無い買い替え需要を予測。

iPhone6の売り上げ・1億1,000万~1億2,000万台を超える1億2,000万~1億5,000万台が売れるだろうとの事です。

 

んん?iPhone7sPlusは?

過去のレポートにもありましたが、Ming-Chi Kuo氏はiPhone7sPlusはそれほど売れないと予測しているようですね。

現在大型スマホの需要は決して低くは無いですし、同氏はデュアルレンズカメラはiPhone7sPlusのみの採用と予測していましたが、その程度では2017年の需要は低いと見ているんでしょうか?

 

情報元:MacRumors

<文:研究員H>


Apple、iPhone8に向けて10種類の試作品を検討中

0828_iphone81101_iphone8

2017年に発売が噂されるプレミアムモデルのiPhone8には曲面有機EL(OLED)ディスプレイが採用されるとの噂。

OLEDディスプレイの製造はサムスンシャープ等の大手の名前が候補に挙がっていますが、Appleは複数のサプライヤーに試作品の提出を依頼しているようです。

 

目指すはサムスン製より上質なもの?

Appleと取引のある複数のサプライヤーによると、より薄型のOLEDディスプレイの増産と、サムスンが採用しているOLEDディスプレイより解像度の高い試作品の提出をAppleから求められていると明らかにしたそうです。

複数の関係者によると、OLEDディスプレイは新iPhoneの各モデルの内の一つに採用となる可能性があり、生産コストを考慮して他のモデルより販売価格が高く設定されるとの事。

現在はOLEDディスプレイ採用モデルを含む10種類余りの試作品が検討されているも、OLEDディスプレイ採用モデルが必ずしも発売に漕ぎ着けるとは限らない状況だそうです。

 

サムスンはGalaxyにもOLEDディスプレイを採用している為、供給不足になる可能性があるとも言われていますし、他のサプライヤー同士を競わせて、安くて質のいいものを製造させるのが狙いかもしれませんね。

また、10種類のiPhoneが構想にあるそうなので、iPhone6からiPhone7は大幅なデザイン変化がありませんでしたが2017年モデルは期待が出来そうですね。

 

情報元:ウォール・ストリート・ジャーナル

<文:研究員H>


iPhone8では3D撮影が可能に?

Apple、iPhone8に3D撮影技術を導入か

Appleは、3D撮影を可能にするスマートフォン向けのカメラモジュールを開発するためにLG Innotekと共同開発しているとの事で、2017年のiPhoneに採用されるだろうとの事です。

3D撮影にはデュアルレンズカメラが必須となりますが、LG InnotekはiPhone7Plusのデュアルレンズカメラを独占供給している会社です。

関係筋からの情報によると、Appleは以前から3D撮影に関して研究を進めており、LG Innotekは独自の3Dカメラ開発技術を持っている事から、今回の努力は実を結ぶだろうとの事。

 

どんな形状になる?

「3D撮影」が具体的にどんなものを指しているのか分かりませんが、やはりVRゴーグルに対応するような写真の事なのでしょうか?

3D撮影を行うには2つのレンズが必要になりますが、2つのレンズの距離がある程度離れていないと効果は得られにくいです。

 

1126_iphone8_04

iPhone7Plusのデュアルレンズだと2つのレンズの距離は1センチくらいでしょうか。

1センチ差で撮影した3D画像はこうなります。

 

1126_iphone8_01

左右1センチずらして撮影し、合成したものです。

やはり効果は薄いですね…

思い切って6センチくらい離してみたらどうでしょう?

 

1126_iphone8_02

先程のよりはメリハリが効いているのではないでしょうか。

 

1126_iphone8_03

という事で、2017年発売のiPhone8はこうなる!?

 

情報元:The Korea Economic Daily

<文:研究員H>


2017年はiPhone7s/7sPlusとiPhone8を同時販売?

1125_iphone_7s7splus8_01

・2017年はiPhone10周年モデルになる為、中途半端な「iPhone7s」ではなく「iPhone8」になるだろう。

・2017年モデルはスタンダードモデル・Plusシリーズに加え、プレミアムモデルが追加される。

これが最近よく聞く情報で、「3種類のiPhone8が登場」と思われてきました。

ですが新しい情報によると、「iPhone7s」「iPhone7sPlus」「iPhone8」の3モデル展開になるとの事です。

 

プレミアムモデル=iPhone8

1101_iphone8

情報ソースはこれまでも2017年モデルについて多数の情報をリークしているKGI証券のアナリストのMing-Chi Kuo氏。

iPhone8はベゼルフリー(フチ無し)の5.8インチOLEDディスプレイを採用、ガラスボディでワイヤレス充電といわれています。

 

じゃあiPhone7s/7sPlusって…

1125_iphone_7s7splus8_02

これまでもプレミアムモデルのみOLEDディスプレイを採用等と言われ、微妙なモデルになりそうな予感はしてましたが、それがiPhone7s/7sPlusとなると、名前からも微妙臭が漂ってきますね…

ですが、sシリーズと言えば、これまでも革新的な新機能を投入してきたシリーズ。

ガラス製ボディやワイヤレス充電はこちらのモデルにも搭載、当然プロセッサも最新のA11チップを搭載との事。

iPhone7sPlusはiPhone7sとOLEDディスプレイのiPhone8に挟まれて「微妙なポジション」という事もあり、価格も下がるんだそう。

(となるとiPhone8はPlusサイズかそれ以上の大型モデルになるんでしょうか?)

 

情報元:AppleInsider

<文:研究員H>


OLED採用iPhone8は5.8インチの特別設計?

2017年モデルのiPhone8(仮)シリーズについて、3種類のiPhoneが登場し、その内の1つのみOLEDディスプレイが採用との噂。

Apple製品のリーク情報でお馴染みのKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏も、3種類のiPhoneが登場し、その内の1つはOLEDディスプレイを搭載した5.8インチモデルが登場すると報告しています。

しかし、実際に操作できる範囲は5.2インチ相当になるとの事です。

 

OLED採用モデルは他の2サイズとは異なる造りに?

Ming-Chi Kuo氏によると、「5.7~5.8インチのOLEDディスプレイを採用したiPhoneが登場するが、特別な設計の為、アクティブエリアは5.1~5.2インチになるかもしれない」との事。

今回の報告ではベゼルフリーデザインについては触れていませんが、ベゼルフリーと仮定すれば「5.8インチ分表示されるが、操作できるのは5.2インチ分」と解釈できます。

仮にベゼルフリーで画面端までタッチ可能にしてしまうと、iPhoneを握った時に画面に触れて誤動作を起こしたり、アプリによっては操作できない部分が生まれる可能性があります。

それを考えれば操作可能範囲は限定した方が他アプリとの連携もしやすいと思います。

また、「OLEDディスプレイ採用モデルの他に、従来のディスプレイを使用した4.7インチモデルと5.5インチモデルも登場する」とも報告。

「特別な設計」のOLED採用モデルに対して、これまでどおりのデザインとなるのでしょうか?

 

5.2インチ(5.8インチ)って実際どれくらい?

1118_iphone8_02

こんな感じです。(4.7がiPhone7、5.5が7Plus)

ベゼルフリーと仮定して、5.8インチ=本体サイズとすると、iPhone7とほぼ同じ大きさになりますね。

iPhone7と同サイズで表示サイズはPlus以上、ただし操作範囲はPlus未満と、確かに特別な設計になりそうですね。

 

情報元:MacRumors

<文:研究員H>


iPhone8は本体サイズそのままで画面サイズをアップ?

1114_iphone8_01

BarclaysのアナリストであるBlayne Curtis氏とChristopher Hemmelgarn氏のレポートによると、2017年モデルのiPhone8は5インチと5.8インチのディスプレイを採用との事です。

 

iPhone8はベゼルフリーデザインか

Barclaysのアナリストがサプライチェーンから得た情報によると、本体サイズは従来のまま、液晶画面をベゼルフリー(またはベゼルレス、フチ無し)デザインにするとの事。

iPhone6や7と同サイズモデルは4.7インチから5インチ、Plusシリーズは5.5インチから5.8インチへと大きくなるようです。

「ローエンドモデルが4.7インチになる」とも報告していて、恐らくローエンドモデルはiPhoneSEシリーズの事を指しているのだと思われます。

また、今回のレポートにもOLEDディスプレイはPlusシリーズのみに採用と報告されているようです。

 

本体の大型化だけが選択肢ではない

過去にも同様のサイズアップの情報があり、画面サイズの大型化となると本体サイズも大きくなるのを想像してしまいがちでしたが、ベゼルフリーデザインならば本体サイズそのままで充分なサイズアップが図れますね。

ただiPhoneSEの画面サイズがiPhone7並みに大きくなってしまうと操作しやすいと言う意味でのコンパクトサイズでは無くなる気がしますが…

 

情報元:BUSINESS INSIDER

<文:研究員H>


2017年iPhone向けにワイヤレス充電を開発中。

1112_iphone8

2017年に発売されるiPhoneに搭載が噂される機能の一つがワイヤレス充電。

iPhone7の頃から噂だけはありましたが、関係筋によると、ワイヤレス充電モジュール(複合部品)の試作をFoxconnグループの鴻海精密工業で進めているとの事です。

 

歩留まり率によっては見送られる可能性も

Nikkei Asian Reviewによると、関係筋は、次期iPhoneに採用されるかはFoxconnが満足する歩留まり率、つまり如何に低コストで良品を作れるかに掛かっているとコメント。

また、試作中のワイヤレス充電モジュールが2017年に発売される全てのiPhoneに搭載されるかどうかは、ハッキリしていないとの事。

この件についてAppleおよび鴻海に問い合わせるも、Appleはスルー、鴻海はコメントを控えたそうです。

 

Androidスマートフォンに遅れを取りながらも、ようやくiPhone7でおサイフケータイ化となりました。

ワイヤレス充電も既に採用しているスマートフォンは多いので、そこを目指す形となるのでしょうか?

 

iPhone7sでも8でもない?

例年通りならば2017年のiPhoneはiPhone7sになるはずです。

しかしiPhone7がiPhone6sから大きな変化がなかった事や、2017年のiPhoneがiPhone10周年モデルになるので、iPhone8になる可能性が高いと言われてきました。

しかしNikkei Asian Reviewは全く別の名称になる可能性もあると報じています。

確かにこのまま今のネーミングを続けていくと10を超え、

そのうち「Lightning リターン iPhone 13」とかになりかねません。

XPERIAもZシリーズXシリーズと変えてきてますし、変えるタイミングとしては2017年がベストなのかもしれませんね。

 

情報元:Nikkei Asian Review

<文:研究員H>


iPhone8に採用予定のA11チップ、TSMCが独占製造か

Tsmc

ストレージ格差、モデム格差とありましたが…

32GBモデルは処理能力が劣る」「Intel製モデムはQualcomm製モデムより劣る」と一般の方には分かりにくいところで性能差が出てしまっているiPhone7シリーズ。

モデム格差は日本版では問題ありませんが、せっかく最低容量が32GBまで引き上げられたのにトホホな事に…

 

性能差と言えば過去にはiPhone6sシリーズがA9チップの製造元によってわずかに差が出ると話題に。

それを踏まえてか、iPhone7に搭載されるA10チップの製造はTSMCが独占製造するとの情報がありました。

 

チップ格差は無し!iPhone8も継続か

iPhone7/7Plusに採用されているA10チップは全てTSMC社のみで製造している事がTSMC社の会長である張忠謀氏の発言によって明らかになりました。

他にも10nm(ナノメートル)の開発がサムスンより進んでいることや、iPhone8でも引き続き独占製造する旨の発言をしたそうです。

さらにはサムスンのGalaxy Note 7が爆発した件に触れるなど、かつてTSMC同様にA9チップを製造していたサムスンを意識した発言がチラホラと。

ともあれ、ユーザーとしては知らないところで格差が出るような事がなければ良いわけですから、iPhone8にも期待したいですね。

 

情報元:Wccftech

<文:研究員H>


SHARP参入確定か、「次期iPhone用OLEDパネルを開発中」と語る

1030_iphone8_sharp

iPhoneのOLED化で新たな技術革新となるか?

以前よりiPhone用OLED開発にシャープ参入の噂はありましたが、Nikkei Asian Reviewによると、シャープの戴正呉社長が、自身の母校である台湾の大同大学で行われた名誉博士号授与式典にて、学生たちを前にiPhone用OLEDディスプレイ開発についてスピーチしたとの事です。

「OLEDを採用したiPhoneがヒットするかは分からないが、変えていかなければ技術革新は起こらない」と熱弁。

さらに現在日本でOLED開発用の施設を建設中である他、アメリカでもOLEDディスプレイを生産可能な旨の発言をしたとの事です。

 

2017年iPhone8での採用となるか

Nikkei Asian Reviewは以前にも報じていましたが、4.7インチ・5インチモデルには従来の液晶パネルを採用し、5.5インチモデルのみOLEDディスプレイの採用になる、と改めて報じています。

iPhone7Plusで採用されたデュアルカメラも引き続き5.5インチモデルのみの採用との噂ですが、出来ればサイズ関係無く新技術を採用してくれれば選択肢の幅が広がるんですが。

 

情報元:Nikkei Asian Review

<文:研究員H>


iPhone8はサイズの異なる3モデル、両面ガラスでワイヤレス充電に対応?

1029_iphone8

大きさの異なる3モデルは両面ガラス

Nikkei Asian Reviewが業界関係者から得た情報によると、2017年発売予定のiPhone8(仮)は3モデル展開になると報じています。

サイズは4.7インチ(iPhone7と同サイズ)・5インチ・5.5インチ(現Plusシリーズと同サイズ)との事で、以前にも同様の情報がありましたね。

また、3モデルとも金属フレームを採用した前背面ガラス製のiPhone4シリーズ風になるとも報じており、こちらも過去の情報と同じですね。

ただ、以前に3モデル展開の情報を公開した方は4.7インチモデルがiPhone7SEになると報じており、この点が若干異なる気がしますね。

このデザインに関しては、iPhone7が]iPhone6シリーズから大きな変更点が無く批判が多かったことが影響しているようで、既に中国の工場・Foxconnは開発に取り組んでいるそうです

 

ワイヤレス充電に対応

投資コンサルティングのアナリストであるVincent Chen氏はiPhone8には新機能としてワイヤレス充電が搭載されると報告しているそうです。

Lightningコネクタ廃止の噂もありますが、そちらとは全く異なるのか、それとも併用する形になるのでしょうか?

 

情報元:Nikkei Asian Review

<文:研究員H>


iPhone8はバッテリーが進化!?

スマートフォンを開発するに当たってネックなのがバッテリーのコンパクト&大容量化。

また、最近ではサムスンのGalaxy Note7が爆発する件がテレビでも話題になっています。

そんな中、Appleはバッテリーに関する技術特許を取得しました。

 

バッテリーケースで大容量化、発熱も抑える

1009_iphone8_01

今回アップが取得したのは「Battery Can」と呼ばれる、バッテリーケース。

バッテリーを圧縮して収納する事が出来る為、ケース内部の隙間を減らす事が出来ます。

圧縮出来るという事はこれまで以上にバッテリー容量を増やす事が可能になるという事。

さらに寿命を延ばし、発熱・膨張を抑えることが出来るようです。

 

強度も向上、汎用性も高い

 

1009_iphone8_02

「Battery Can」の表面はデコボコしたエンボス加工を施す事が可能で、エンボス加工を施す事で電池の変形を抑えることが出来るようです。

また、デバイスに合わせた形状の変更が容易らしく、Appleは具体的な使用例としてiPhone・iPad・iPod・MacBook・Apple TVを挙げています。

 

iPhone8での採用に期待

「新ディスプレイの採用とあわせて、iPhone8(Plus)の耐年数向上に役立つ」とPatently Appleはコメントしています。

あんまり長寿命だと新しいiPhoneが売れなくなってしまうかもしれませんが、爆発してしまってはたまりませんからね。

 

常にスマホをいじってる・ゲームばかりしてるというヘビーユーザーですと、2年も持たずにバッテリーが劣化し、膨張してきます。

さすがに4年前のiPhone5はヘビーユーザーでなくとも膨張してきているようです。

爆発までいかなくとも、液漏れする可能性があり、そうなるとiPhoneのみならず人体にまで悪影響を及ぼしかねません。

「バッテリーの持ちが悪いな」と思ったらiPhone研究所をご利用ください(宣伝)

 

情報元:Patently Apple

<文:研究員H>


iPhone8ではLightningコネクタも廃止か?

1008_iphone8_02

iPhone7ではイヤホンジャックを廃止し、良くも悪くも話題になりました。

今度はLightningコネクタの廃止を検討しているのか、Appleは他の端末と光無線通信を行う「オプティカルコネクタ」に関する技術特許を取得しました。

 

オプティカルコネクタでワイヤレス充電

光信号による無線通信で、オプティカルコネクタを搭載した他の電子端末と相互に通信を行う事が可能になります。

端末の表面に穴を開ける必要があるそうですが、穴のサイズは目視で確認できないほど小さいとの事。

経済誌を発行しているForbesはこの技術によってワイヤレス充電が可能になるため、Lightningコネクタが廃止されると予想。

また、光通信がずれないように、マグネット式コネクタが搭載されるとも予想しています。

 

それって「Smart Connector」じゃダメなの?と思ってしまうのですが、噂はあったもののiPhone7シリーズでは採用されませんでしたし、オプティカルコネクタの方が技術的に優れているのでしょうか?

 

2017年iPhone8で廃止?

「Lightningコネクタの廃止は大きな騒ぎにはならない」「ケーブル付きデバイスは過去の遺物になりつつある」「ティム・クックが消費者の感情を読み違えたと批判することはない」とForbesはコメント。

「騒ぎにならない」なんて事は絶対ないと思いますが、Appleは過去にDockケーブルを廃止して今のLightningケーブルを採用しました。

一部のAndroid端末もmicroUSBからUSB Type-Cに移行しています。

今ある技術が永遠というわけではないですし、iPhone10周年モデルにあたるiPhone8ならば変更するタイミングも適しているのかもしれません。

 

情報元:Forbes

<文:研究員H>


iPhone8は画面全体で指紋認証?Appleが特許を取得

0828_iphone8

2017年発売のiPhone8(仮)ではホームボタンが廃止されるとの噂が出ていますが、廃止した場合、指紋認証はどこで行うのか?

他社スマートフォンでは既にディスプレイ側からボタンを廃止してるものが多く、背面にiPhoneのホームボタンのようなものを設置しているところもあれば、電源ボタンに内蔵しているところもあります。

Appleはそれをディスプレイで出来るようにするつもりで、その技術特許を取得しました。

 

ディスプレイに触れれば指紋を認証

1007_iphone8_01 1007_iphone8_02

複数の層で形成されるディスプレイに静電レンズを組み込み、指から発する静電気で指紋を認識する仕組みのようです。

これにより、ディスプレイのどこを触っても指紋認証が行えるそうです。

 

2017年採用予定のOLEDディスプレイ用にも

今回取得した特許、出願は2014年に行われており、さらに2015年にはiPhone8での採用が予想されるOLEDディスプレイに同様の技術を埋め込む特許を出願しています。

2017年に実現するかは分かりませんが、AppleがiPhoneやiPadにこの技術を組み込もうとしているのは間違いなさそうですね。

 

情報元:Patently Apple

<文:研究員H>


iPhone8用OLEDの生産にシャープが参戦?

logo_sharp_200sq

iPhone8用の有機ELは複数業者が提供

Bloombergによると、時期iPhone用の有機ELディスプレイは複数の事業者に生産を行なわせるようです。

また、その複数の業者のひとつとして先日鴻海精密工業の傘下となったシャープとの交渉が行なわれているとも伝えています。

交渉のメインはシャープの生産能力だということですが、他にどのような提携条件があるのかは明らかになっていないのだとか。

 

しかしシャープは9月30日に有機ELディスプレイ生産設備に574億円を投資、2018年6月までの稼働開始を目指すといった発表しています。

当然、稼動開始が2018年となってしまうと2017年発売のiPhoneには間に合いません。

この交渉が事実ならば、シャープの生産ライン稼動は早まるかもしれませんね。

<文:研究員A>


2017年発売のiPhone8は両面にガラスを採用との予測

0930_iphone4s

iPhoneの信憑性の高いリーク情報でお馴染みのKGIアナリストのMing-Chi Kuo氏は、2017年に発売されるiPhone8(仮)では、iPhone4/4sと同様に、前面と背面にガラスが採用されると予測しています。

 

ガラス採用の裏付けはジェットブラック?

以前からガラス素材を採用する噂は出ていましたが、今回の予測の理由としては、iPhone7/7Plusの新色であるジェットブラックの存在が大きいようです。

ガラス風の高光沢仕上げで発売前人気は非常に高かったのですが、指紋や傷が目立つという理由で、発売後は不評の声も多いです。

ガラス素材を採用する事でそれらが改善されると見ています。

また、フレームをアルミまたはステンレス製にする事で、iPhone4/4sと大きな差別化を図るそうです。

 

ジェットブラックの汚名返上なるか

私も先日、店頭でジェットブラックを拝見しましたが、既に大量の指紋が付着していて、本来の美しさを拝むことは出来ませんでした。

また、ガラス風のツルツルの仕上がりと軽さが、手に持った感触としては逆に安っぽくも感じました。

リーク情報師の予測がどのくらい信用できるものか分かりませんが、初の試みというわけではないですし、高級感を取り戻して欲しいですね。

 

情報元:9to5Mac

<文:研究員H>


iPhone8の開発がもう始まっている?

img_2086

2017年のiPhoneはもう始まっている

BusinessInsiderによれば、今月iPhone7/iPhone7Plusが発売されたばかりだというのに2017年に発売される時期iPhoneはもう開発が始まっているようです。

開発の拠点はイスラエルとされており、この情報は現地の従業員が語ったものなのだとか。

その従業員が語るには、今までとは異なるデザインになりカメラの性能がさらに向上するのだとか。デザインについては両端を覆うディスプレイ(GalaxyのEdgeを意識?)やセラミックボディなどの噂が既に上がっています。

 

名称はどうなる?

来年はiPhone発売から10周年の記念すべき年です。そのためAppleとしてもかなり力を入れていると見られていて、従来ならばiPhone7の正当進化版であるiPhone7sが発売されるところでしょうが全く新しいデザインになると見られています。

iPhoneの名称についても「iPhone X」や「iPhone Anniversary」慣例を破り独自のネーミングになるのではという噂が。もちろん来年の話なので噂や憶測の域を出ませんが何らかの変化を付けてくることは間違いないのではないでしょうか。

<文:研究員A>


iPhone8はOLEDをALDでナノコーティング!?

0923_iphone8

2017年に発売されるiPhone8(仮)には、省電力且つ日光下での視認性が高い有機EL(OLED)ディスプレイが採用されるとの噂です。

そのOLEDディスプレイでお世話になるであろうサムスン・LGの報告書によると、OLEDディスプレイにALDテクノロジーを導入するとの事です。

特にサムスンはALDを採用するべくいち早く動いているそうです。

 

ALDとは?

また分からん英語が増えましたが、ALD(原子層堆積)とは、原子レベルで薄い膜を形成する技術で、かっこよく言えばナノコーティングでしょうか。

つまりOLEDディスプレイにALDテクノロジーでコーティングを施し、ディスプレイを保護するものだそうです。

これが採用されればコストを抑えつつ液晶を薄く出来、酸素や水による劣化が抑えられるそうです。

最新のiPhone7/7Plusは内部に水を浸水させない高い耐水性を誇りますが、外からだけでなく内側からも強くなるということでしょうか。

スマートフォンを薄くするにはディスプレイの厚みも課題となってくるので、この技術で薄く強いiPhoneが出来ると良いですね。

 

情報元:Patently Apple

<文:研究員H>


デュアルカメラはPlusのみ、2017年iPhone8にも採用されない?

0910_iphone7plus01

iPhone7/7Plusの詳細情報を発表前に公開したKGIアナリストのMing-Chi Kuo氏によると、iPhone7Plusに搭載されたデュアルカメラシステムは2017年に発売される「iPhone8」には搭載されず、引き続きPlusシリーズの「iPhone8Plus」にのみに搭載されるとの事です。

「カメラ好きやプロの写真家には魅力的な機能だが万人受けする機能ではない」とコメントしており、さらに高コストな点も問題視しています。

 

需要やコスト以前に…

カメラを2つ並べるデュアルカメラシステムは、技術的にPlusシリーズのような大きいiPhone以外への採用は難しいと思います。

0910_iphone7_01

今回iPhone7はカメラの性能アップのためにカメラの大型化および不評なレンズ部の出っ張りは避けられませんでした。

iPhone6/6sからボディサイズの変更無しにカメラを大型化し、さらにステレオスピーカーをiPhone上部に採用したことで、内部にはさらに余裕が無くなったと思われます。

これらを考えると同サイズで性能を落とさずデュアルカメラを採用するのは難しいと思います。

 

ただ、iPhone6Plus/6sPlusがカメラ2個入れられる余裕あったのかと言うと、そういうわけでもないので、2017年のiPhone8では無理だとしても2018年モデル辺りでポンと出してくるかもしれませんね。

 

情報元:9to5Mac

<文:研究員H>


2017年のiPhone8は5インチ?Proではなく『iPhone7SE』?

iPhone10周年となる2017年はiPhone7sを飛ばしてiPhone8になるとの噂でしたが、過去に様々なリーク情報を公開している@手机晶片达人氏が中国SNS・Weiboに投稿した情報によると、2017年のiPhoneは「iPhone8」「iPhone8Plus」そして「iPhone7SE」の3モデル展開との事です。

サイズに関してはiPhone7SEは4.7インチ、iPhone8は5インチ、iPhone8Plusは5.5インチになるそうです。

SEが4.7インチなのは一旦置いといて、iPhone8がiPhone6/6s/7からサイズアップしてますね。

 

なぜiPhone7SE?

iphonese_rose

SEと言えば「iPhoneSE」が、4インチのiPhone5sと同じデザインの中に可能な限りiPhone6sの機能を詰め込んだ良モデル。

iPhone6以降サイズが大きくて不満の声も上がってた中での登場という事も高評価に繋がっています。

しかしiPhone7の一年後に、iPhone8とそう変わらないサイズのiPhone7SEを出して差別化が図れるのでしょうか?

普通に型落ちして安くなったiPhone7を買えば良い気がするのですが。

 

情報元:Weibo

<文:研究員H>


Apple、2017年発売のiPhone8用ディスプレイ製造に向けて進行中

0828_iphone8

「2016年のiPhone7はマイナーアップデート、2017年で大きくデザイン変更を計る」との事ですが、その2017年発売のiPhone8(仮)のディスプレイ製造に向けて既に動きがあるようです。

 

ディスプレイパーツ用サプライヤー選定中

2017年発売のiPhone8で採用が噂されるOLEDディスプレイ、以前にもお伝えしたように主なサプライヤーはサムスンになる模様です。

そして現在Appleは、OLEDディスプレイ製造に必要なフレキシブルプリント回路基盤のサプライヤーの選定を開始したとPatently Appleが報じています。

選定は今年の9~10月に決定する模様で、2017年5月から生産を開始するとの事です。

また、デザインに関してはサムスンのスマートフォンとは差別化を図ったオリジナルのデザインにするとの事です。

 

ホームボタンの廃止はやはりiPhone8から?

関係者からの情報で「AppleがiPhone7のおサイフケータイ化を計画中」と報じたBloombergですが、その話題の中で「Appleは2017年発売のiPhoneではホームボタンを廃止、ディスプレイの再設計に取り組んでいる」と、こちらも関係者からの情報を報じています。

iPhone7からホームボタン廃止の噂はありましたが、発売まで一ヶ月を切ってる状態でも信憑性のある情報に乏しく、どちらかといえばiPhone8の方が可能性ありそうですね。

他メーカーでは既に液晶画面側のボタンを廃止しているものも多いですが、iPhoneの象徴ともいえる、あの丸いホームボタンは廃止されるのでしょうか?

 

情報元:Patently AppleBloomberg

<文:研究員H>


2017年のiPhoneはOLEDディスプレイを採用したProモデルが追加か

iPhone7が3モデル出すと言う噂がありましたが、現行の情報では従来どおりの2モデル説が濃厚です。

ですが、2017年発売のiPhone8(iPhone7s?)では3モデル展開になるとの事です。

 

今度こそProの登場か?

Nikkei Asian Reviewによると、Appleに精通した情報筋からの情報で、Appleは2017年に通常モデル・Plusシリーズに、Plusシリーズのような大きいサイズのプレミアムモデルを加えた3種のiPhoneを発売するようだと報じています。

通常モデルとPlusシリーズは従来通りフラットなディスプレイを採用し、プレミアムモデルには端の部分がカーブした5.5インチ曲面ディスプレイ(OLEDディスプレイ)が採用されるそうです。

 

galaxy7s
▲曲面ディスプレイを採用したSamsungのGalaxy S7

 

プレミアムモデルのみ曲面ディスプレイを採用するのは、単純に「プレミアムだから」というだけでなく、生産が追いつかない為と言うのもあるそうです。

市場調査会社IHS DisplaySearchのDavid Hsieh氏によると、有機ELパネルはSamsungが独占供給するものの、SamsungとAppleの両方に需要を満たすことは出来ないと指摘。

その為、通常モデルとPlusシリーズは従来と同じLTPS(低温ポリシリコン)液晶が採用し、プレミアムモデルには有機ELディスプレイが採用されると述べています。

 

情報元:Nikkei Asian Review

<文:研究員H>


TSMCが2017年のiPhone用チップ設計に協力?

17844-15712-iphone2017-mockup-l

AppleInsiderによると、台湾の半導体メーカーTSMCが来年発売されるiPhoneのためのチップの設計に協力しているようです。

14/16⇒10

「A11」とされる次期iPhone用チップですが大きさはわずか10ナノメートルになると見られており、その開発に一役買ったのがAppleと強いつながりのあるサプライヤーであり大手半導体メーカーであるTSMCなのだとか。

iPhone6sのチップ「A9」は14ナノメートルでiPhone6sPlusが16ナノメートル。たったの2年でその大きさを約3分の1にしてしまおうというのですから驚きです。

 

iPhoneのメインチップは現在ではTSMCと韓国のサムスン電子が製造していますが、iPhone6s/6sPlusで発生したチップ格差問題によりその比重はTSMCに大きく傾いている様子。

2017年のモデルについても製造自体は来年の第2四半期から開始すると見られていますが、全体の発注量のおよそ3分の1がTSMCへ依頼されるだろうとのことです。

<文:研究員A>


2017年は7sを飛ばしてiPhone8?

iphone7s_iphone8

例年通りであれば今年の9月頃にはiPhone7が発売され、来年にはその内部アップグレード版のiPhone7sが出ると思われていました。

しかしMacRumorsによると、BarclaysのアナリストであるMark Moskowitz氏が業界筋から得た情報では、Appleは来年の「S」シリーズを飛ばし、大幅にデザインを変えた「iPhone8」をリリースするだろうとの事です。

 

2017年はメガサイクルで「iPhone8」

通常のサイクルとは異なる「メガサイクル」で展開すると言うiPhone8では、有機ELディスプレイワイヤレス充電を採用、ホームボタンの廃止する等、デザインを大幅に変更し、iPhoneの売上は10.8%増加するだろうと予想しています。

 

iPhone7の立場は…?

iPhone-7-mockup iPhone7 smart_connector
アンテナラインのデザイン変更・イヤホンジャックの廃止・iPad Proで採用されたSmart Connectorの採用等が予想されていますが、現在の飽和状態を脱却するには至らず、売上は下るだろうとの事です。

 

iPhone8はガラスボディ採用?

また、Mark Moskowitz氏はiPhone8ではバックパネルの素材がガラス製に変更されるだろうとの予測をしています。

2017年発売予想のiPhone7sでの採用が噂されていましたが、それがそのまま2017年のiPhone8に採用されるとの事でしょうか。

しかしMacRumorsでは「Mark Moskowitz氏は以前にiPhone7にガラスボディが採用されると予測していたので、今回の情報は完全に信頼できるものではない」と記しています。

 

情報元:MacRumors

<文:研究員H>


2017年から1億枚!サムスンがAppleにディスプレイを供給

有機EL

サムスンが2017年よりAppleへ有機ELディスプレイを供給する契約を締結

9to5Macによると、韓国メディアが”サムスンが2017年からAppleへ有機ELディスプレイを1億枚供給する契約をかわした”と報道しました。

契約金は約2,850億円と見られており、出荷されるディスプレイのサイズは5.5インチとのこと。

 

対象機種はiPhone7sPlus

5.5インチといえば例年のiPhoneモデルでは「Plus」シリーズに当たります。

今年2016年のモデルがiPhone7と見られていますから慣例でいけば「iPhone7sPlus」が有機ELディスプレイ搭載となるようです。

当初2018年からとされていた有機ELディスプレイの採用ですが、このところの噂では2017年に前倒しになるとされていました。

 

4.7インチはどうなる?

さて、では4.7インチの「iPhone7s」はどうなるのでしょう。

考えられる可能性について挙げてみます。

 

1.リスク分散のためにLGなど他のサプライヤーに依頼する

2.Appleが自身で供給する※Appleはディスプレイ技術の研究所を台湾に持っているとされています。

3.タイミングをずらして4.7インチもサムスンに依頼する

4.有機ELディスプレイをiPhone7sPlusの付加価値としてiPhone7sでは従来の液晶ディスプレイを採用する

 

どれもありそうですが、そもそもサプライヤーの動向については流動的な部分がありますから、今回の報道についても確定と見るには早いかもしれません。

引き続き情報をチェックしていきましょう。

<文:研究員A>


有名アナリスト、有機ELディスプレイの採用は2017年モデルからとの予測。

有機EL

有機ELのiPhoneは2017年からか

iPhoneの予測に定評のあるKGI証券のアナリスト、Ming-Chi Kuo氏によると、これまでiPhoneに搭載されるのは2018年以降とされていた有機ELディスプレイは2017年モデルからの採用となるだろうということです。

実は以前にも2017年に有機ELが採用されるだろうという報道はあったのですが、今回はそれだけではありません。

2017年のiPhoneはこれまでの慣例からいけば「iPhone7s」となりますが、同氏の予測では前面、背面とも曲面ガラスになり、側面に金属が使用される新デザインに。

また、握りやすいようにベゼルが縮小される上、ついにワイヤレス充電にも対応するとも。

 

これまで「s」名はデザインを継承しつつもバージョンアップした端末につけられてきた符号です。

今回の予測どおりに大幅なデザインや機能の改変があるとすると、その名前はiPhone7sではなくiPhone8となる可能性がでてきました。

果たしてAppleは有機ELディスプレイを早急に採用してライバルのサムスンと同じ土俵に立てるのでしょうか。
<情報元。cnet>

<文:研究員A>


有機ELディスプレイは2017年のiPhone7sから?

有機EL

有機EL搭載は前倒しへ

随分前の話ですが、iPhoneに有機ELディスプレイが採用予定という記事をご紹介しました。

その際の情報では2018年のiPhone8からということだったのですが、AppleInsiderの情報では来年2017年に登場するであろうiPhone7sで採用される見込みのようです。

 

発注はどこに?

気になる有機ELディスプレイの発注先ですが、Appleサイドでも右往左往していた様子。

大手であるサムスンやLGはもちろん、その他サプライヤーへも「1年前倒しで供給可能か」といった打診を行った結果、やはりサムスンが一歩抜きん出ているのが現状のようです。

なにせサムスンが展開するAndroidスマホ「Galaxy」シリーズは古くより有機ELを採用していますからね。

 

さて、Appleがなぜ前倒しの決定をするに至ったかですが、有機ELは「省エネ」「薄い」という大きな特徴があります。

Appleは年々とiPhoneを薄型化することにこだわっているのは皆様ご承知の通り。そして薄くなればバッテリー容量が小さくなるので電池持ちが悪くなります。省エネ対策は必須。

となればAppleがいち早く有機ELの採用をしたいと考えるのは当然のことに思えます。

では何故これまで採用を見送ったのか。それはやはり液晶よりもはるかに高コストだからでしょう。しかし近年は技術の進歩によりコストは低下しつつあります。

(もっとも、パーツコストが下がったからと言ってiPhoneが安くなるわけではないでしょうが…。)

 

ともかく、iPhoneに有機ELディスプレイが採用されればユーザーは電池持ちを今ほど気にすることはなくなるのではないでしょうか。

この報道が事実であることに期待したいですね。

<文:研究員A>

1 2

-iPhone7s, iPhone8