NEWS

日本通信、ソフトバンク網を利用したMVNOを本日より提供開始

本日よりソフトバンク系格安SIMの提供開始

以前お伝えした、日本通信によるソフトバンク系格安SIM(MVNO)ですが、本日3月22日より「b-mobile S」として提供が開始されました。

このb-mobile SはiPhoneおよびiPad専用のMVNOとなっており、現状提供されているプランは通話・SMSの機能のないデータ専用。公式アナウンスではテザリング非対応となっています。

プランは月に利用できるデータ容量ごとに4種類用意されており、最大容量は30GBで回線元であるソフトバンクが提供するギガモンスターの20GBを大きく凌駕しています。

 

<料金プラン(税別)>

容量 金額
1GB 880円
3GB 1,580円
7GB 2,980円
30GB 4,980円

※公式サイト上から契約する場合には初回はSIMカード代+手数料で別途3,000円(税別)が発生します。

 

SIMのサイズはiPhone用はnano(iPhone5以降)、iPad用にはnanoとmicroがあり、ユーザーが使用している端末に合わせて発行する必要があります。

なお、ソフトバンクユーザーはSIMロック解除の必要なく利用できますが、My Softbankなどのソフトバンク独自のサービスは利用できません。

 

通話・SMS・テゼリングが利用できないなどまだまだ制約は多いものの、最大30GBの通信容量を5,000円程度で利用できるのは魅力的。契約解除手数料(いわゆる2年縛り)のようなものもないので気軽に契約できそうなのもいいですね。

あとは通信速度が高速と呼べる程度を維持してサービスの提供が行なわれることを願います。

公式サイト

<文:研究員A>

-NEWS

関連記事