NEWS

あわや感電死!枕元でiPhone等スマホを充電している方はご注意を

まさに九死に一生

アラバマ州に暮らすWiley Dayさんはいつも枕元でiPhoneを充電して就寝するのが日課。3/22の夜もいつもどおりに、延長コードから繋いだ充電器にiPhoneを挿して就寝しました。

翌朝、目覚めたWileyさんを悲劇が襲います。起き上がろうとした際に首から下げていたドックタグが緩んでいた延長コードと充電器の隙間に挟まり、首から全身へ110Vもの電気が流れてしまったのです。

人間の致死電圧は100Vとされており、今回Wileyさんが死にいたらなかったのは奇跡だと担当した医師も語っています。

Wileyさんは、自分の体験を枕元での電子機器の充電が危険だということを示すサンプルになったとして、就寝時の充電は自身と距離を置くように呼びかけています。

 

これはもちろんiPhoneに限らず、あらゆる電化製品において起こりえる悲劇です。皆さんも身の回りを見渡して、コンセントの差込みは充分か接続部にホコリはたまっていないかコンセントは自身と充分に離れた位置にあるかを確認しましょう。

女性の方は特にネックレスをした状態で就寝することもあるでしょうし、男性でもアクセサリーをしたまま床についてしまう場合もあると思います。

繰り返しますが世界水準では低いとされている日本の電圧100Vでも充分死に至ります。このような悲劇が起きてしまう前にきちんと対策をしましょうね。

<情報元:ワシントンポスト

<文:研究員A>

-NEWS

関連記事