iOS

iOS10.3のバグが発覚!アプデしてしまったユーザーは要確認!

データが勝手にiCloudにアップロードされてしまうかも

MacRumorsによると、先日公開されたiOS10.3にてiCloudに関するバグが発見されたとのこと。その内容は、「iCloudサービスが勝手にONになる」というものです。

 

そうそういないかとは思いますが、例えば家族と同じAppleIDを使用していたり、データを端末ごとに使い分けたりなどで写真やメール、ノートやカレンダーなどをiCloudに連携させたくないという方はiCloudの連携サービスをOFFにしていると思います。ところがこのバグはiOS10.3にしただけで勝手にOFFになっていた連携をONにしてしまうそう。

 

なお、iOS10.3配信の直後に配信されたiOS10.3.1ではこのバグは解消されているため、それ以前のOSからiOS10.3.1にアップデートした場合には問題ないとのことです。

また、必ず全ユーザーにこの事象が発生するというわけでも無いようなのですが、もし普段iCloudの連携機能を何かしらOFFにしていたという方で、iOS10.3にアップデートしてしまった方は、念のため設定を見直してみたほうが良いかもしれません。

<文:研究員A>

 

-iOS

関連記事