iOS

Apple、iOS10.2.1、iOS10.3の署名を終了。iOS10.3.1以外は適用不可に

iOS10.3.1未満へのダウングレード不可に

Appleがこの度、iOS10.3.2Beta版を一般デベロッパーに公開するとともにiOS10.2.1とiOS10.3の署名を終了しました。

これをもって、iOS10.3.1以外のアップデートやダウングレードができなくなったことになります。

 

iOSはAppleが署名を発行しているもののみ端末にインストールすることが可能となっており、これは最新版以外のOSを利用した場合にセキュリティ上の問題が発生することを防ぐ目的があります。

しかしその他にも、脱獄をしたいユーザーが脱獄可能なiOSにダウングレードして利用したりということもありAppleはいつも割と早い段階で署名を終了します。

 

今回対象となった2つについてですが、iOS10.2.1はiOS10.3からファイルシステムが変更された関係で元よりダウングレードはできなくなっていましたし、iOS10.3はWi-fiチップの脆弱性の問題やiCloudサービスが勝手にONになるなどの不具合があったことから意図的に戻そうというユーザーもいないでしょうから特に通常のユーザーへの大きな影響はないでしょう。

<情報元:AppleInsider

<文:研究員A>

-iOS

関連記事