NEWS

iPhoneSE2?iPhone7s?謎のリアパネル画像が流出

突如リークされたガラス製リアパネル

SLASHLEAKSに突如投稿された、「ALLEGED IPHONE SE (2017) REAR PANEL LEAKS OUT(2017年版iPhoneSE用リアパネル)」という1枚の画像が物議を醸してます。

それがこの4枚のリアパネルと納品書のような用紙が写された写真。

伝票によればこれはAppleWatchの画面部分と同じ素材のIon-Xガラス製になっているようです。

 

さて、冒頭のとおりこの画像は「2017年版iPhoneSE」用として紹介されているのですが、AppleInsiderはそれを否定しています。

というのも今年のiPhoneはiPhone7s、iPhone7sPlus、iPhone8の3モデルしか開発されていないと考えられています。少なくとも過去には発売まで半年を切ってから存在さえも噂されなかった機種はありません。

 

同サイトではこのリアパネルが仮に本物ならば、リアカメラのレンズが単一であるように見えることからiPhone7s用ではないかとしています(iPhone7sPlusおよびiPhone8ではレンズは2つになると見られているため)。

ただ、これまで「s」のモデル名を持つiPhoneたちは前機種のデザインを継承した形のものばかりでした。このリアパネルはどう見てもiPhone7とは似つかず、iPhone7s用というのも少々考えづらい気もします。

そもそもこの写真のリアパネルではApppleのロゴマークがやや右回りにずれており、この写真自体がフェイクである可能性も充分にあります。

発売後、AppleにCMすら作成してもらえなかった不遇の子、iPhoneSEの後続機は果たして開発されるのでしょうか。未だに4インチサイズのiPhoneを求める声が多いだけに期待が集まります。

<文:研究員A>

-NEWS

関連記事