NEWS アクセサリー

Appleの新特許は光るLightningケーブル!

今回の特許は実用的

過去に様々なトンデモ特許を取得してきたAppleですが、今回AppleInsiderによって報道された新特許はなかなかに実用的なもののようです。

光るLightningケーブルなんて聞くと安っぽいイメージがどうしても付いてきてしまうのですが、この特許はLightning端子の部分にLEDを仕込むというもの。

なんでこんなことをするのかと言えば、暗い場所でも充電器をスムーズに挿せるようにするためなのだとか。

しかもただ位置を知らせるだけではなく、充電時、充電完了時、データ転送時にLEDの色もしくは点灯パターンを変えることで現在端末がどのような状態であるのかが分かるようになる模様。

ケーブルと端末の接続状態が目視で確認できるとなれば、画面をいちいち確認しなくても充電状態が確認できるのはもちろんのこと、PC接続時の自動同期中の切断を防止できたり、公共電源を利用した不正なデータ通信を防ぐことなどもできます。

新iPhoneではLightning端子を廃止し、USB TYPE-Cを採用するなんて話もありましたがAppleは独自規格をそう易々とは手放さないでしょう。

しばらくはLightning端子を採用するのであればこの特許については是非製品化して欲しいものです。

<文:研究員A>

-NEWS, アクセサリー

関連記事