iPhone8s iPhone9

早くも2018年のiPhoneへ向けてAppleとサムスンが契約締結か

iPhone7/7Plusよりも大きいサイズで契約

AppleInsiderがまだiPhone8のリークについての噂が絶えない中、Appleとサムスンが来年2018年発売のiPhoneに向けて画面の生産契約を結んだようだと報じています。

今回契約された製品は5.28インチと6.46インチのOLED(有機ELディスプレイ)で、今回の締結に伴いサムスンは韓国内に新たなOLED工場を建設する予定のようです。

現行モデルの画面サイズは4.7インチと5.5インチの2モデルですが契約されたサイズはいずれもこれより大きく、iPhone8と同様にベゼルを極端に削り大画面化を図る意図があるようです。

契約金などは明らかになっていないものの、まだ来年のモデルということもあり、「開発中につきデザインや機能、その他詳細な部分について調整することができる」という条件もある模様。

 

いずれにせよ今回の報道が事実だとすれば、液晶を搭載したiPhoneは今年のiPhone7s/iPhone7sPlusが最後となり、2018年のiPhone8s/iPhone8sPlusもしくはiPhone9/iPhone9Plusからは全機OLED採用のモデルになる可能性が高いようです。

<文:研究員A>

-iPhone8s, iPhone9

関連記事