アクセサリー

AirPodsのファームウェアが更新

バージョン3.7.2へ

昨年9月末にiPhone7/iPhone7Plusと同時に発表され、12月の発売以降は生産が追いつかないほどの人気を博し、未だに公式オンラインストアでは購入から到着まで6週間を待たねばならないような状態となっているAirPods。

発売時のファームウェアは3.3.1で、発売後は今年2月に初のファームウェアアップデートが行われバージョン3.5.1になりましたが、このたび2回目となるファームウェアアップデートが行われ最新バージョンは3.7.2となりました。

 

特に機能的な変更はなく、前回と同様に雑多なバグ修正とパフォーマンスの改善が主になっている様子。

更新に当たっては特別な作業は必要なく、AirPodsにペアリングされた端末がWi-fi環境下にありAirPodsが入った状態のケースが充電器に接続されていれば勝手にアップデートされます。

発売直後から分離型無線イヤホンの代表格と言っても過言ではない人気のAirpods。このただWi-fi環境下で充電していればいいだけというユーザーに負担をかけさせない更新の簡単さにもAppleのこだわりが感じられます。

一刻も早く生産体制を見直し、心待ちにしているユーザーたちへ届けてほしいものです。

<情報元:iPhoneHacks

<文:研究員A>

-アクセサリー

関連記事