4inchiPhone NEWS

CMも作ってもらえない不遇の子iPhoneSE、顧客満足度はアメリカNo.1だった

年次調査で米国トップの顧客満足度を獲得

iDROP NEWSによると、2016年5月から2017年4月までにアメリカ国内の36,194人を対象にメールで行われた調査でiPhoneSEが数々の端末を抑えて顧客満足度1位となったようです。

これは年次で行われているもので、今回は人気のスマートフォンを中心に20機種の満足度を調査しました。その中でiPhoneSEは100点中87点を獲得し見事首位になりました。なお、次点で86点を獲得したのはサムスンのGalaxyS6Edge+とiPhone7Plusという結果に。半年後に発売されたiPhone7Plusをも超えてしまいました。

 

iPhoneSEは昨年2016年の3月という通常のルーチン(新モデルは例年9月)とは異なるタイミングで発売され、iPhone5s以来約2年半ぶりの4インチモデルということで話題に。

しかし発売後、AppleはCMを製作することもなくその半年後に発売されたiPhone7/iPhone7Plusとは扱いの大きな格差が生まれてしまいました。

 

ところが今回はそのApple一押しであるiPhone7Plusを越えた満足度を得ていることが発覚したのです。

その理由としては、1.iPhone6以降の4.7インチないし5.5インチに抵抗を感じているユーザーが一定数存在する2.iPhone5sの筐体サイズそのままに機能はほぼiPhone6sと同等3.iPhone6s、iPhone6sPlusよりもかなり安価な価格設定で発売されたというポイントが考えられます。

いまだ多く存在する4インチiPhoneへの回帰ですが著名なアナリストはこのiPhoneSEが最後の4インチモデルだろうと予測しています。やはり片手で操作できるというのは現在の大画面化を好ましく思わないユーザーにとってはアドバンテージになります。開発すれば人気になりそうなものですが、後継機の情報が出てこないあたり、残念ながらAppleとしてはやはりもう4インチを作るつもりはないのかもしれません。

<文:研究員A>

-4inchiPhone, NEWS