NEWS

ソニーがAppleを最優先してCMOSセンサーを生産

Apple以外のメーカーは泣く泣く他のサプライヤーへ

DigiTimesによると、スマートフォン向けカメラ生産の最大手であるソニーがAppleへの供給を最優先としているために他のスマートフォンメーカーは他のサプライヤーを頼るしかないという状況に陥っているようです。

 

ソニーの売上高はAppleによって、もっと言えばiPhoneによって動向を左右されています。そのためにソニーとしては最大顧客のAppleを最優先せざるを得ず、またAppleも世界トップのカメラセンサーを開発するソニー以外に生産を任せる気は無いといった状態。

それによりApple以外のスマートフォンメーカーの多くはソニーの優秀なカメラセンサーを搭載することができず、OmniVisionやSamsungなどへ生産を依頼しているのだとか。

ソニーはその他に中国メーカー大手のHuawei、Oppo、Vivoも比較的優先して生産を行っているようです。

新進気鋭の企業や中堅の企業が高品質なパーツを使用したくても大手に供給分を奪われてしまうというのはなんともむず痒い話です。ソニー以外のサプライヤーにも是非より良いパーツを生み出してほしいですね。

<文:研究員A>

-NEWS

関連記事