*

2017年第1四半期の全世界スマートフォン市場は83%以上の利益をiPhoneが獲得

公開日: : NEWS

圧倒的比率

市場調査会社のストラテジー・アナリティクスによると、2017年第1四半期においてAppleのスマートフォン事業は$101億8,000万の営業利益を獲得。これは全世界のスマートフォン市場における営業利益の83.4%にあたることがわかりました。

その他の大手メーカーでは、Appleの大手ライバルとされるサムスン電子が$15億8,000万の営業利益で世界市場の12.9%。前年同期は市場の21.9%を占めていたため、大きくポイントを下げたことになります。

中国を基点とするHuaweiは、この第1四半期の米国での売上高はライバルのOppoの$54億4,100万に対して$647億と圧倒的大差をつけたものの他地域で伸び悩み、営業利益は$2億2,600万、反してOppoは$2億5,400万という結果になりました。

結果としてApple、サムスン以下ではOppoが市場利益の4.7%、Vivoが4.5%、そしてHuaweiが3.5%となっています。

 

最大のライバルといわれるサムスンですら約7分の1の利益しか上げられていないとは…。iPhoneはやはりスマートフォン市場において圧倒的な存在です。

利益比のため、イコール売り上げ台数というわけではありませんが世界がiPhoneにかける期待の大きさには感服するばかりです。

<情報元:DigiTimes

<文:研究員A>

関連記事

iPhone版モバイルSuica、クレカが無い場合・バッテリーが切れたら、他

満を持して登場したiPhone版モバイルSuica。 初日はモバイルSuicaのサーバ

記事を読む

有名アナリスト、有機ELディスプレイの採用は2017年モデルからとの予測。

有機ELのiPhoneは2017年からか iPhoneの予測に定評のあるKGI証券のアナリスト

記事を読む

iOSに寄生するマルウェアにより米国大企業に大打撃

中国で猛威を振るっていたマルウェア「XcodeGhost」の変種が出回っており、今度は米国の

記事を読む

これでコミケもバッチリ!iPhone用即売会向けレジ「レジプラ」

もうすぐ夏コミですね。 絵師さん達は作品制作に集中している時期でしょうか。 ところで売り

記事を読む

おしゃれ年賀状アプリ「スマホで写真年賀状2016」年賀状注文受付を開始

株式会社スフィダンテ(本社:千葉県流山市、代表取締役:安本圭佑、以下スフィダンテ)は、iOS

記事を読む

レクタングル

iphone6s iphone6splus iphone7

 

iPhone研究所 六本木本店 iPhone修理研究所 iPhone買取研究所

 

【一気読み!】iPhone2017年モデル(iPhone7s/iPhone8)価格・スペック・発売日等 情報まとめPart2

1 2 メニュー 103.3Dプリンタ

スマホ中毒には白黒が効く…かも

スマホ中毒は「ご褒美」のせい? 現代人の多くがスマートフォンを持って

iOS11の中古端末には注意?!リセットしてもアプリ情報が残るDeviceCheckとは

リセマラも不可になるかも 現在ベータ版が配信されているiOS11です

iPhoneの開発動機は「ジョブズがMicrosoftのある男性を嫌いだったから」

iPhoneの共同発明者が語る、iPhone開発秘話 現地時間6/2

ジョブズはiPhoneにバックボタンを付けたかった

ジョブズの希望通りならiPhoneのメインボタンが2つだった?!

Appleのサプライヤー企業が台湾株式市場をリード

台湾株式市場で最も価値のある上位25企業のうち、7社がAppl

iOS11では無線LANの設定はカメラで撮るだけに!

iOS11はただQRを読むだけじゃない! 9月に配信されると

有料iCloudストレージの容量が倍増!

お値段据え置きで1TB→2TBへ Appleが有料サービスの

Appleのユーザー情報を販売したとして販売代理店の22名を逮捕―中国

業務で入手したユーザー情報を闇市で販売した疑い 中国の浙江省

2017年第1四半期の全世界スマートフォン市場は83%以上の利益をiPhoneが獲得

圧倒的比率 市場調査会社のストラテジー・アナリティクスによる

→もっと見る

PAGE TOP ↑