iOS NEWS

iOS11の中古端末には注意?!リセットしてもアプリ情報が残るDeviceCheckとは

リセマラも不可になるかも

現在ベータ版が配信されているiOS11ですが、その中で新たにアプリ開発者向けに実装されている「DeviceCheck」という機能があります。

これはアプリ開発者にとってはとても有用な機能なのですが、ユーザーから見ると不便も多そうです。

このデバイスチェック、概要だけを簡単に言うと端末ごとのアプリのインストール履歴をAppleのサーバー内で管理し、アプリ開発者が「期間限定の無料体験期間を利用したことがあるか」「同端末において別のアカウントで課金した履歴があるか」などを知ることができるようになるサービスです。そしてこの情報は端末をリセットしても消えません

もちろん個人を特定できるような情報は含まれませんが、これ、なかなか厄介みたいなんです。

現在のiOSの仕様では、例えば無料体験のアプリを利用して、無料期間が過ぎた場合に端末をリセットしてしまえば再度無料体験を行えるようになっています。これは開発者からしたらたまったものではありません。ですからこれが規制されるというのはとても良いことです。

 

しかしリセットしても消えないということは中古端末市場に影響を与えます。

例えば前述の例で言うと、中古で購入した端末が普通に使用できる状態であっても前のユーザーが無料体験をしていた場合には自身は初めて使用するのに体験期間が終わったものとされてしまうのです。

Appleはこの防護策としてアプリ開発者がこのデータを消去できるようにしてはいるのですが、それは実際のところ自分がアプリを使えるかどうかを開発者に一任するしかないということになります。よって必ずしも利用できるようになるわけではなく、また開発者へコンタクトを取る手間も増えます。

なお、無料体験だけでなく、開発者の設定如何によってはレアが出るまでリセット→再インストールを行う行為、いわゆるリセマラも行えなくなる可能性があります。

不正利用者の再インストールなどを防げる反面、ユーザー数に影響が出そうな機能であることは間違いないでしょう。

 

アプリ開発者の保護の意味が強いであろうDeviceCheck。しかし中古市場に影響を与え、ユーザーに新品を購入させる意図があるとしたら…賛否が大きく分かれそうです。

<情報元:QiitaLivedoorNews

<文:研究員A>

-iOS, NEWS

関連記事