iPhone7s iPhone8 NEWS

2017年はすべての新モデルが供給不足に?東芝・SKハイニックスともNANDの生産力低下

iPhone8のみならずiPhone7s/iPhone7sPlusも供給不足?

DigiTimesがiPhoneのNAND生産を担当している東芝とSKハイニックスの生産力低下について報道しています。

関係者の話によれば、東芝、SKハイニックスとも3D NAND生産について予測を大きく下回るほどの歩留まり低下が発生しており、仕様やOLEDパネルの生産力などがネックとなり供給不足が噂されているiPhone8(iPhoneX)のみならず、同時に発表されると見られるiPhone7s/iPhone7sPlusについても需要に応えられない可能性が出てきました。

ちなみにどれくらい生産が間に合っていないのかですが、今後予測される新モデルの需要に対して30%も足りていない状況なのだとか。

そこでAppleは、サムスンの3D NAND技術が比較的安定した歩留まりを見せており供給についても規模を拡大していることからこれに頼ることにした模様です。

 

当然、NANDの生産力低下はiPhoneのみならずAndroidについても多大なる影響を与えます。しかしながら大手サプライヤーが軒並み歩留まりの低下を見せているためその需要の高まり追いつけず、2017年末までは供給不足が続くと見られています。

 

果たしてサムスンの参戦により2017年のiPhoneたちは需要に応えられるだけの数を生産できるのでしょうか。不安が募ります。

<文:研究員A>

-iPhone7s, iPhone8, NEWS

関連記事