iPhone8s iPhone9

Apple、2018年は全モデルを有機ELディスプレイ化へ

2018年新モデルは液晶を廃止してOLEDのみへ

NiikkeiAsianReviewが報じたところによると、2018年に登場する新iPhoneは全てOLED(有機EL)パネルを採用する予定のようです。

AppleはiPhone10周年となるこの2017年、iPhoneでは初となるOLED採用モデルを発売しようとしているのは周知の通り。ですが同時に発表されると見られるiPhone7s/iPhone7sPlusについては従来と同様に液晶パネルが採用される可能性が高いです。

Appleが求めるOLEDパネルは厳格なチェックを通過した非常に高品質なもので、サプライヤーとしてもすぐさま大量に生産できるものでもありません。そのためこの初OLEDモデル(iPhone8、iPhoneX、iPhoneEdition)についてもその歩留まりの低さから発売時期が大幅にずれ込むか、なんとか発売してもAirpodsのように在庫僅少の状態が続くのではないかと見られています。

そんな中でも来年は新たに3つのモデルをOLED採用で発売するというのです。当然ながら業界関係者は「もしAppleが2018年のiPhoneにOLEDパネルを採用するならばサプライヤーはその需要に応えることはできない可能性がある」としています。

 

そしてここで大きな恩恵を受けるのがサムスンです。サムスンはディスプレイ業界でもトップクラスに位置し、OLEDに関してはパイオニア的存在。2017年発売のOLEDiPhone用パネルも生産を一手に任されています。

Appleのみならず中国をはじめとする多数のメーカーがOLED採用のスマートフォンを企画しその需要が高まっている今、ただでさえ増収が見込まれるのにAppleがiPhoneをOLED1本に絞るとなればその恩恵は明らかです。

2018年までに新たなOLED製造工場を立ち上げる予定との報道もあり、その躍進ぶりが伺えます。

しかしさすがのサムスンでも3モデルものiPhoneのパネルを全て生産するのは不可能でしょう。そこで他のディスプレイパネルメーカーがどのように参入してくるかが注目されます。

 

ところで先述のとおり2018年に3モデルを投入予定ということですが、従来は4.7インチ/5.5インチの2モデル発売が慣例でした。今年は10周年ということもありアニバーサリーモデルが用意されるのは分かるのですが、2018年の謎の3モデル目はなんなのか…アニバーサリーモデルの後継になるのか、はたまたiPhoneSEの後続機か。こちらの情報にも注意していきたいところですね。

<文:研究員A>

-iPhone8s, iPhone9

関連記事