iPhone8 iPhone8s iPhone9 NEWS

2018年のiPhone、バッテリーはLG製か

LG製L型電池?

iPhoneHacksによると、来年2018年のiPhone9(iPhone8、iPhone8s)に搭載される電池は韓国LG製になる可能性があるようです。

これまでiPhoneのバッテリーは複数のサプライヤーが生産を担っていましたが、この報道どおりに単一のサプライヤーが担当するとなればAppleは方針を大きく転換することになります。

 

しかもそのバッテリーの形状は従来のストレート型ではなくL字型になるのだとか。容量のアップが見込めるのはもちろん、液晶ディスプレイ(LCD)に比べて消費電力の低いOLEDパネルとの組み合わせにより電池のもちが格段によくなると考えられます。もちろん急速充電にも対応するでしょうからユーザビリティも向上しますね。

 

単一のサプライヤーによる生産は、そのサプライヤーに問題が起きたときに代えがきかないという欠点はあるものの製品ごとの性能のばらつきが出ないため、TSMCとサムスンのチップ格差のときのように「アタリ」「ハズレ」が出ません。

LGはサムスンとOLEDパネルの生産を分かち合うだろうという報道もありましたが、バッテリーもとなると設備投資がかなり大変になりそうです。

<文:研究員A>

-iPhone8, iPhone8s, iPhone9, NEWS