iOS iPhone7Plus

iPhone7Plusのポートレートモード、1年かかってやっと正式版へ

2017/08/13

やっとBetaが外れる

正式リリースは9月頃とされているiOS11。現在までにいくつかのベータ版が公開されているのですが、最新のバージョンでやっとあの機能が正式なものとなったようです。

それはiPhone7Plusで採用された「ポートレートモード」、通称一眼レフモードです。7Plusが9月末に発売され、10月に後追いの形で配信されたこのモードですが、実はずっとベータ版だったんです。

iOSは本日まで数回のバージョンアップを経て現在10.3.3。度重なる更新にも関わらずポートレートモードは10ヶ月経っても未だにベータ版でした。

ですがAppleInsiderによればついに最新のiOS11Betaにて「Beta」が外れたということです。単にBetaで無くなっただけでなく、機能にもいくつかの改善が見られるとのこと。

 

撮影の手順には特に変更はないようですが、背景ぼかしの効果を画像の劣化無しで後から削除できるのだとか。

ただ、当然のことながらポートレートモードでなく通常撮影を行った写真に後から効果を付け足すことはできないそうです。

 

これまで対応機種がiPhone7Plusしかなかったためにあまり大きく話題に上ることもなかったこの機能ですが、iPhone7sPlus、iPhone8には7Plusと同様デュアルリアカメラが搭載されるようですし、今回の正式版への変更はAppleとしても機種が増える前にきちんと整備をしておきたかったということなのでしょう。

<文:研究員A>

-iOS, iPhone7Plus