iPhone8s iPhone9

iPhone8s(iPhone9)世代はさらに大型化!

iPhone8s(iPhone9)、ついに6インチ越え

TheInvestorによると、Appleはすでに2018年発売のiPhoneに着手。その画面サイズは現在の4.7インチ&5.5インチを大きく上回り更なる大型化を行うようです。

 

Appleが来年発売のiPhoneで計画している画面サイズは5.85インチと6.46インチだといいます。

iPhone8が歩留まりの関係で初回出荷分を満足に確保できなかったこともあり、Appleは既にOLEDパネルを生産するサムスンをはじめとするその他サプライヤーと早々に調整に入ったとのこと。

 

6.46インチとなると、タブレットにおいて最も需要が高いとされる7インチにかなり近づくことになるため、iPhone8sPlus(iPhone9Plus)はもはやスマートフォンというよりはファブレット的な存在になりそうですね。

なお、当初は5.28インチと6.46インチを開発する予定だったようですが、5.28インチについては昨今の大画面需要にあわせる形で5.85インチに変更となったそうです。

大画面需要があるとは言いますが、あまり大きすぎても持ちづらいという声も多く聞きます。果たしてこの決断はAppleにとって吉と出るのでしょうか。

<文:研究員A>

-iPhone8s, iPhone9

関連記事