iOS NEWS

”切ったつもり”に要注意!iOS11ではコントロールセンターからWi-FiとBluetoothがオフにできないことが判明

切ってるようで切れていない!バッテリー消費に注意

国際的セキュリティ研究者のAndrea Barisani氏が自身のツイッター内で「PSA: iOS 11 new control center WiFi and Bluetooth toggles don’t actually turn off their respective radios.(iOS11の新しいコントロールセンターはWiFiとBluetoothをOFFにすることができません)」とツイート、iOSユーザーたちが驚愕しています。

ご存知の方がほとんどだとは思いますが、コントロールセンターのWi-Fi、Bluetoothアイコンはそれぞれタップすることで機能のON/OFFを切り替えることができました。

しかしiOS11では従来どおりの挙動に見えても実際には完全にOFFにすることができないというのです。

これはバグでは無くiOS11の仕様。しっかりとAppleの公式サポートページにも記載されており、コントロールセンターからでは一時的ないし一部の停止しか行えないようです。

Wi-Fi が無効な間は、近くにある Wi-Fi ネットワークへの自動接続も、以下の状況になるまで無効になります。

  • コントロールセンターで Wi-Fi をオンにする。
  • 「設定」>「Wi-Fi」で Wi-Fi ネットワークに接続する。
  • 新しい場所に徒歩や車で移動する。
  • 現地時刻の午前 5 時になる。
  • デバイスを再起動する。

Bluetooth がオフの場合、以下の状況になるまで、iOS デバイスを Bluetooth アクセサリに接続できなくなります。

  • コントロールセンターで Bluetooth をオンにする。
  • 「設定」>「Bluetooth」で Bluetooth アクセサリに接続する。
  • 現地時刻の午前 5 時になる。
  • デバイスを再起動する。

<公式サポートページより引用>

 

上記の内容からも分かるとおり機能はバックグラウンドでONになり続け、特定の条件下で再作動します。これを完全にOFFにするためには「設定」から切り替えるしかないとのこと。また、Wi-FiやBluetoothは極力ONにすることを推奨するという記載もあります。

Airpodsなど無線対応の機器が増えてきたこともあり、それらとiOS連携を高めるための措置なのかとは思いますがこれらがONになっているとバッテリーの消費は確実に激しくなりますし、改悪であると捕らえるユーザーも多いようです。

あなたはこの変更についてどう思われるでしょうか。

<文:研究員A>

-iOS, NEWS

関連記事