iOS

iOS11.0.2が公開。音声通話のバグを中心とした修正

2週間で2回のマイナーアップデート

iOS11が公開されてから約2週間。このたび2度目のマイナーアップデートとなるiOS11.0.2が公開されました。

今回の特に大きな修正は、一部のiPhone8/iPhone8Plusで発生していた音声通話およびFaceTime通話中に大きなノイズが入る問題に対するもの。

この問題はiPhone8/iPhone8Plusのうちごく一部で発生した症状でしたが電話機としては致命的なものであったためユーザーから強い反感を受けていました。

イヤホンの利用ないしはスピーカー通話を使用することを余儀なくされていたユーザーたちはやっと通常のスタイルで通話が可能になります。

 

そのほかにもiOS11.0.2では一部の写真が表示されなくなる問題と、特定の暗号化が行われたメッセージに添付されたファイルを開くことが出来ない問題に対応したとのことです。

 

iOSで大きなアップデートがあった後は細々とした修正が続くのはいつものことではあるのですが、特にナンバリングが変更されるのはイベントがあったときが主。あまり頻繁にアップデートが発生すると、快適なOSとして完成させることよりもイベントに合わせることが先立ってしまっているのではないかという感が拭えません。

アップデートにはそれなりに時間もかかりますし出来る限りバグは潰してからリリースして欲しいものです。

<情報元:MacRumors

<文:研究員A>

-iOS

関連記事