iOS iPhone6s iphone6splus iphone7 iPhone7Plus iPhone8 NEWS

iOS10.3.3の署名提供が終了。ダウングレード不可に。

iOS10.3.3、iOS11へのダウングレードが不可能に

先日、AppleはiOS11.0.2の配信を開始しましたが、それとほぼ時を同じくしてiOS10.3.3とiOS11の署名提供を終了しました。

iOSはAppleから署名が提供されているバージョンのみを端末にインストールできる仕組みになっており、今回の署名提供終了によりiOS11.0.1以上のユーザーはダウングレードを行うことができなくなります。

 

iOS11はiOS10世代と比較して新機能やレイアウト、デザインの変更が盛り込まれており、10周年を迎えたiOSの新たな歩み出しを象徴するようなOSに仕上がっています。

しかし、最新でない端末を利用しているユーザーからはバッテリーの持ちが極端に悪化した端末の挙動が悪くなったなどの不満も見られており、そういった事情からiOS10.3.3へダウングレードする人も少なくありませんでした。

 

一方、現在ベータテストが行われているiOS11.1ではバッテリーの持ちや挙動の不安定さに関する問題は改善される見込みだといいます。実際にはリリースされてみなければ分からないことですが、改善されていることを期待したいですね。

iOS11.1は11月発売のiPhoneXと同時期のリリースになるという見方が強まっています。現在のiOS11に不満を抱いているユーザーはiOS11.1のリリースを待ってみましょう。

<情報元:iPhoneHacks

<文:研究員A>

-iOS, iPhone6s, iphone6splus, iphone7, iPhone7Plus, iPhone8, NEWS

関連記事