iOS NEWS

LGBTなどへの配慮も。iOS11.1で新しく加わる絵文字をAppleが公開

2017/10/08

数百種類が新たに追加

Appleが公式サイト上で、次のやや大きなアップデートとなるiOS11.1にて採用される新たな絵文字について公開しました。

同文書によればその内容は数百種類にも及ぶということです。

空想上の生き物たちや

様々な動物。

世界中の食べ物。

衣服と、

おなじみのスマイルマークも更に表情豊かになっています。

 

そんな中で特に注目したいのは以下の2つです。

 

まずはAppleが積極的に推進しているジェンダーフリー、身体的性別にとらわれず個々を尊重する取り組みの一環として導入される、男女どちらとも取れる人間の絵文字。

男女だけでなく肌の色についても複数用意し、Appleが人種差別とも闘う姿勢を覗かせています。

 

そして、アメリカの手話の中で「I LOVE YOU」を指すというハンドサイン。

文字を使った言語だけでなく手話を言語として認めようという活動が広く認知されつつありますが、このハンドサインの採用はその流れを汲むものなのでしょう。

 

このほかにも新しい絵文字たちはUnicode 10で承認されたキャラクター(文字種)に適合するように、それぞれの持つ意味を詳しく表すようにデザインされているということです。

これらは来週一般のデベロッパーに公開予定のiOS11.1ベータ版から搭載されるとのこと。更に絵文字の利便性が増しますね。

<情報元:Apple

<文:研究員A>

-iOS, NEWS

関連記事