iOS iPhoneX

LINE通知も安心。iOS11は通知時に詳細を隠す設定が追加!iPhoneXではFaceIDを使用した独自機能も

離席時にLINEが来ても安心!

いよいよ今月末に予約開始、来月発売となるiPhoneXですが、やはりその目玉はFaceIDでしょう。

正面へ向けた赤外線センサーがユーザーの顔を検知、その認識精度は誤認証を起こすのは100万回に1回という高度なものなのだそう。

そんなFaceIDですが、画面をロックした状態でもプライバシーを守ってくれそうです。

PhoneArena.comによると、iPhoneXはそのFaceID機構を利用し、本人に対してのみしか通知の詳細を表示しないそうです。

上図左は従来のロック画面における通知表示で、通知を行っているアプリ名とその内容が他人にも知れてしまうようになっていました。

ですがiPhoneXでは右の写真のように、他人にはあるアプリから何かしらの通知がある、ということしかわかりません。新機能を有効に活用したよい変更ですね。

 

では従来の端末ではプライバシーは守られないのかというとそうではありません。

iOS11では動作がやや異なりますが、ロック画面での通知詳細を表示しないように設定変更が可能になっています。

「設定」→「通知」に<プレビューを表示>という新項目があり、これを「ロックされていないときのみ」とすれば、上図右のようにアプリ名のみが表示されるようになります。

LINEの通知が文面ごと表示されてしまいプライバシーが心配という方は是非変更してみてください。

<情報元:PhoneArena.com

<文:研究員A>

-iOS, iPhoneX

関連記事