iPhone8s iPhone9 NEWS

Apple、非球面ガラスモールドレンズの採用に向け交渉中か

ガラスレンズ大手5社と交渉との報道

iPhoneのカメラは目立たないながらも着々と進化し続けてきました。そして10周年の区切りを迎えた後もその姿勢は今後も変わらないようです。

経済日報によると、Appleが大手ガラスレンズ会社と何らかの交渉を行っている可能性が高いそうです。

Asia OpticalKinko OpticalCalinHOYA旭硝子と行われているのは「非球面ガラスモールドレンズ」についてではないかとのこと。

一般的な球面ガラスレンズはその形状から焦点位置がズレやすく、通常は複数枚を用いて焦点を合わせるように設計します。

しかし非球面ガラスではその焦点のズレがないため、従来複数枚必要であったレンズが1枚で済むのです。

 

枚数が減る分原価は落ちそうに思いますが、実際には製造工程上、金型が必要になったり融点の関係から普通のガラスでは生産効率が悪かったりという難点もあるためそう簡単にはいかなそうです。

ですがレンズ枚数が減ることによりカメラ部を小さくすることができるでしょうから設計の幅は広がりますね。

現在交渉中となると来年もしくは再来年に向けてのことだと思いますが、どのような仕上がりになるのか今から楽しみです。

<文:研究員A>

-iPhone8s, iPhone9, NEWS

関連記事