iPhoneX

iPhoneXは生産力向上のためにFaceIDの精度を下げる方向へ転換か

水準を意図的に低下

鳴り物入りで発表されたiPhoneXの一番の新機能といえばやはりFaceID。その精度の高さを維持するためにAppleが定めた厳しい水準のもと生産されるパーツは非常に歩留まりが低く、それによりiPhoneX自体の生産数が一向に上がらないという問題に直面していることは周知のとおり。

ですがiPhoneXの需要全世界で非常に高く、とても供給が追いつく見込みが立ちません。そこで、どうやらAppleはFaceIDの精度を妥協することにしたようです。

 

BusinessInsiderはブルームバーグのレポート内容として「Appleは生産力向上のためにサプライヤーへ向けてFaceIDの精度を下げるように指示をした」と伝えています。

TouchIDを用いていない以上、代替が利かないためFaceIDの精度は最も重要視されるべき部分ですが、Appleはどうやら生産ペースを上げることを優先するようですね。

もちろん妥協するとはいえある程度厳しい基準を設けてはいるでしょうが、iPhoneXは途中のロットから当初プレゼンテーションされた内容とは少なからず異なってくるスペックのものが登場するでしょう。

<文:研究員A>

-iPhoneX

関連記事