NEWS

そのアプリ、大丈夫?カメラにアクセスできるアプリはユーザーを盗撮することが可能

実はずっと監視されてるかも…

Googleのエンジニア、Felix Krause氏が「カメラへのアクセス権限」を持つアプリは秘密裏にカメラにアクセスし、ユーザーに気づかれないうちに撮影、録音をすることが可能であるという証明を行いました。

Krause氏曰く、一度アプリにカメラへの権限を与えてしまうと一度起動した後タスクが切られない限りは撮影音やライトなどまでもを制御し、ユーザーに気づかれることなく撮影することが可能なのだとか。

加えて、そのiOS端末がネットワークに接続されている状態であれば不正にその撮影データをアップロードしてしまうこともできるのだそうです。

以下のムービーはその実証用にKrause氏が作成したアプリの挙動を撮影したものです。

カメラへのアクセス許可をした途端に勝手に写真が撮影され、サーバーにアップロードされました。そして自身の顔もいつの間にか複数枚撮影され不正にアップロードされていることも分かります。

加えて、顔のパーツを認識させ、ユーザーの動きまで簡易的に読み取ることもできてしまいました。

 

カメラから得られる情報は容易に個人や場所を特定することができます。もし悪意のあるユーザーが発行しているアプリが自身の端末に入っていたら…考えるだけで恐ろしいですね。

昨今はSNSの爆発的普及もあり多数のカメラアプリが公開されており、多くのユーザーがカメラへのアクセスを簡単に許可してしまいがちな状況になっています。あなたの使っているアプリは大丈夫ですか…?

<情報元:AppleInsder

<文:研究員A>

-NEWS

関連記事