iOS NEWS 豆知識

iPadでWindows8.1が動く?!

ipad-air-2

百聞は一見にしかず。

何も言わずにまずはこちらの動画をご覧ください。

どうです!ばっちり動いていますよー。iPadAirは9.7インチ。

タブレットとして手に持っての操作は少し持て余しますがPCスタイルで使うにはちょうどいいですね。

 

…はい。ごめんなさい嘘です。

ホームボタンが無いのでわかる方にはすぐわかったかもしれませんね。

 

中華Pad?

このiPadAir的なもの、「ONDA」という中国企業が発売している「V975W」というタブレットなのです。<商品ページはこちら

IMG_0206IMG_0207IMG_0205

 

↑V975Wの背面

IMG_0209IMG_0210

↑iPadAirが手元に無かったのでiPad2の背面。完全に意識してます。

 

このタブレットは見た目がそっくりなだけではなく、液晶の解像度がiPadAirと全く一緒で、iPadAirの液晶部品と同じものが使われているとかなんとか。しかも新品で2万円を切っているという激安価格。

このような中国製の激安タブレットを、ネットでは「中華Pad」なんていいます。

Androidのものが主でしたが最近はWindows搭載のものや、デュアルブート、つまりAndroidもWindowsも使えるものまであるみたいですよ。

 

「安っ!もう日本製買わないわ!」

と思ったあなたにご注意。中華Padを買うという行為はその安さとMade in Chinaであることから基本的には博打打ちになります。(必ずしもMade in Chinaが悪いというわけではないですが。)

当然ながら購入時は中国語表記ですし、突然動かなくなったり、パッケージ表記と実機スペックが異なったりはザラですから「何が起きても自己責任」が大前提です。

完全に動くものを万全の補償で使いたいなら購入は控えるべきでしょう。

そして…

 

中華Padはネット通信ができません。

といってもこれは中華Padに限った話ではないのですが。物理的にはもちろん通信可能ですよ?ですが日本国内においては使うことはできません。

なぜか。それは「技適マーク」が無いからです。

電波法によると、技適マークを取得していない通信機器で通信を行うことは違法となります。ですから中華Padを買ったところでインターネットに繋ぐことはできないのです。これは海外から入手したSimフリー端末にも同様のことが言えます。

安いからといってそういった細かい部分をきちんと確認しておかないと痛い目をみることになりかねません。購入を検討している方は注意して使いましょうね。

-iOS, NEWS, 豆知識

関連記事