2018年iPhone NEWS

2018年のiPhoneはインテル製モデムチップで更に高速に?

モデムチップはIntel中心に

KGI証券が公開した新しいレポートによると、来年2018年に発売されるiPhoneではモデムチップがIntel製中心となるだろうとのことです。

KGIの予測では、来年のiPhoneに採用されるモデムチップのうち70~80%がIntel製になるだろうとしています。

その根拠としては想像に難くありませんが、昨今のAppleとQualcommの泥沼闘争があるからでしょう。

Qualcommいわく、Appleがライセンス料を支払っていないということで中国やアメリカでのiPhone販売禁止を求めるような動きなどを見せています。

---------スポンサードリンク---------

 

それとは別にKGIは、Appleが独自にモデムチップを開発しているという話を強く推しています。

これが実現すればQualcommやIntelなどのサプライヤーに依存することなく新製品の開発を行えるため、コストの削減を図ることもできるはずです。

まだまだ情報は少ないものの、来年のiPhoneはもう動き出しています。これからの情報に期待しましょう。

<情報元:9to5Mac

<文:研究員A>

-2018年iPhone, NEWS

関連記事