iPhoneX NEWS

Apple、iPhoneX生産ラインにてインターン学生が法定時間を超過した労働を行っていたことを認める

Foxconnにて違法残業が発覚

従来、iPhoneの多くはFoxconnで組み立てられるのが通例でありiPhoneXも例外ではありません。歩留まりが悪く供給が大幅に遅れるとされていたiPhoneXの出荷が順次早まっているのはこの製造ラインの努力の賜物と言ってもよいでしょう。ですが、その製造ラインでは法に触れる就業が行われてしまっていたようです。

---------スポンサードリンク---------

 

フィナンシャルタイムズ紙によると、Foxconnがインターンシップ生として受け入れた3,000人の学生のうち少なくとも6名が日常的に11時間の労働に従事していたといいます。

そのうちの1人は強制的に日に最大で1,200台の組み立てをさせられたと申告しているのだとか。

学生の法定労働時間は週40時間と定められており、それ以上の労働を行わせることは違法となります。まして強制的に行わせるなどもっての他。

Appleは法律と社内ルールの遵守を行えているかについてサプライヤーに対しても定期的にチェックを行っています。この違法残業については認めつつも飽くまでも強制的なものではなかったとして学生側の言い分については否定している状況です。

 

iPhoneXは世界中で未だ即日の出荷が難しい状態が続いていますが、法律を遵守することは企業の大原則。このようなことが繰り返されないよう、きちんとした管理体制が求められます。

<情報元:9to5Mac

<文:研究員A>

-iPhoneX, NEWS

関連記事